コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルトン フルトン Fulton, John Farquhar

7件 の用語解説(フルトンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルトン
フルトン
Fulton, John Farquhar

[生]1899.11.1. セントポール
[没]1960.5.29. ニューヘーブン
アメリカ神経生理学者,医学史研究家。 1927年ハーバード大学で学位取得。 29~51年エール大学生理学教授。 51年から同医学史教授。著書『生理学書』A Textbook of Physiology (1955) は現代生理学の基礎を固めたものとして全世界で用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フルトン
フルトン
Fulton, Robert

[生]1765.11.14. ペンシルバニア,ランカスター
[没]1815.2.24. ニューヨーク
アメリカの技術者。農家に生れ,宝石商に奉公に出る。初め画家を志し,才能を見込まれて援助を受け,1787年ロンドンに渡って勉強を続けたが成功せず,やがて運河技術に関心をもち『運河航行の改善』 Treatise on the Improvement of Canal Navigation (1796) を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

フルトン
フルトン
Fulton

アメリカ合衆国,ミズーリ州中部の都市。市名は蒸気船の製作者として有名な R.フルトンにちなむ。ウェストミンスターカレッジ (1851) とウィリアムウッズ・カレッジ (70) があり,前者は,1946年3月5日,イギリスの首相チャーチルが演説して,「鉄のカーテン」という有名な言葉を残したところでもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フルトン(Robert Fulton)

[1765~1815]米国の技師。実用的蒸気船の発明者で、1807年に外輪式蒸気船クレアモント号を建造してハドソン川を遡航(そこう)した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フルトン

米国の技術者。初め画家,のち機械の発明に向かい,1797年以後パリに住んで,潜水艇などを研究,ノーチラス号試運転に成功。蒸気船に関心をもつ米国の駐仏公使リビングストンと契約して蒸気船の発明に没頭,1803年セーヌ川で実験に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フルトン【Robert Fulton】

1765‐1815
蒸気船を実用化したアメリカの技術者。ペンシルベニア州に生まれ,時計工,画家を経て技術者になった。1797年パリに渡り,潜水艇ノーチラス号(海上は帆走,水中は手回しプロペラ走)をつくり,その試運転に成功した。当地で,のちに彼の有力な後援者となったアメリカ公使R.リビングストンと出会い,1803年,セーヌ川で蒸気船の実験に成功した彼は,アメリカに帰国後リビングストンの後援で本格的な蒸気船の建造に着手した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フルトン【Robert Fulton】

1765~1815) アメリカの発明家。初め画家。潜航艇や水雷を発明。蒸気船クラモント号を建造し、ニューヨークとオルバニ間に就航。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフルトンの言及

【外車船】より

…推進用に外車paddle wheel(以前は外輪と呼ばれたが,現在,専門用語としては外車が広く用いられる)と呼ばれる水車のような装置を備えた船。19世紀の初頭にアメリカで実用化された蒸気船は,蒸気機関で動かされる外車船であり,R.フルトンがハドソン川で営業運航に成功したクラモント号も,ワットの蒸気機関を積んだ外車船であった。外車は水車に似た構造をしており,船内の蒸気機関の回転運動によって回し,これで水をかきながら船を前進させる。…

【汽船】より

…しかし,その後動力源としてディーゼルエンジン,電動機やガスタービン,さらには原子力が利用されるようになったことに伴って,現在ではこれらのディーゼル船,電気推進船,ガスタービン船,原子力船も汽船のうちに含め,動力船と汽船とが同義に使われるようになっている。 蒸気船の発明者はR.フルトンとされる場合が多いが,実際にはフランスのD.パパンの実験船(1707),アメリカのJ.フィッチの船(1787)などの先駆がある。蒸気船による営業運航に成功した最初がフルトンのクラモント号であり,その後,蒸気船がだんだんと帆船に代わるようになったことから,フルトンが蒸気船の父とされているのである。…

【機雷】より

…最近は,とくに潜水艦の行動を阻止するための兵器として重要視されている。
[歴史]
 現在の機雷の原型は,アメリカのR.フルトンによって発明された。フルトンの機雷は,浮力をもった爆薬缶を索で海中に係留する方式のもので,艦船が接触すると爆発するようになっていた。…

【ノーチラス号】より

…潜水艦の発展史上で記念すべき艦につけられてきた艦名で,次のものがある。(1)1800年R.フルトンの設計建造になる水上帆走,水中は手動スクリュー推進の潜水艇。(2)85年イギリスのA.キャンベル,J.アッシュの設計建造になる電池電動機推進の潜水艇。…

※「フルトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フルトンの関連キーワードペンシルペンシルビルペンシルベニアペンシルハウスグラフペンシルベロシティペンシルPENCO シャープペンシルラッションペン シルバーペンシルベニア・バレエ団ペンシル型鉄尾 (penciled heel)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フルトンの関連情報