コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルニエ

3件 の用語解説(フルニエの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フルニエ

フランスのチェロ奏者。パリに生まれ,はじめピアノを学ぶがポリオのため右足の自由を失い,チェロに転向。パリ音楽院に学び,1924年パリでデビュー。1936年以来世界各国で演奏しシゲティプリムローズティボーコルトーバックハウスらと共演,名声を高めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フルニエ【Pierre Fournier】

1906‐86
フランスのチェロ奏者。パリ音楽院で学び,1924年パリでデビュー。その後ドイツをはじめヨーロッパ各地で演奏し名声を高めた。卓越した技量に加え,美しい音色,高雅な気品と端正な表現を特徴とする彼の演奏レパートリーは,ベートーベンブラームスから近・現代の作曲家に及び,マルタンマルティヌープーランクらがその作品を彼にささげている。また室内楽の領域でも好評を博した。48年アメリカにデビュー,その後も世界各地で活躍し,日本へは54年初来日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルニエ
ふるにえ
Pierre Fournier
(1906―1986)

フランスのチェロ奏者。パリ生まれ。初めピアノを学んだが、9歳のとき小児麻痺(まひ)にかかって右足が不自由となったためチェロに転向。パリ音楽院卒業の翌1924年パリでデビュー。独奏・室内楽でしだいに頭角を現し、30年代中ごろにはヨーロッパにおける名声を確固たるものにした。48年アメリカにデビュー、54年(昭和29)初来日。気品のある音色と典雅で風格のある演奏スタイルで知られ、バッハやベートーベン演奏に高い境地を示した。ピアノのシュナーベル、バイオリンのシゲッティと組んだ三重奏、ピアノのケンプと組んだ二重奏は、第二次世界大戦後の室内楽復興の足掛りともなった。バイオリン奏者のジャン・フルニエJean F.(1911― )は実弟。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フルニエの関連情報