コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルニエ

3件 の用語解説(フルニエの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フルニエ

フランスのチェロ奏者。パリに生まれ,はじめピアノを学ぶがポリオのため右足の自由を失い,チェロに転向。パリ音楽院に学び,1924年パリでデビュー。1936年以来世界各国で演奏しシゲティプリムローズティボーコルトーバックハウスらと共演,名声を高めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フルニエ【Pierre Fournier】

1906‐86
フランスのチェロ奏者。パリ音楽院で学び,1924年パリでデビュー。その後ドイツをはじめヨーロッパ各地で演奏し名声を高めた。卓越した技量に加え,美しい音色,高雅な気品と端正な表現を特徴とする彼の演奏レパートリーは,ベートーベンブラームスから近・現代の作曲家に及び,マルタンマルティヌープーランクらがその作品を彼にささげている。また室内楽の領域でも好評を博した。48年アメリカにデビュー,その後も世界各地で活躍し,日本へは54年初来日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フルニエ
ふるにえ
Pierre Fournier
(1906―1986)

フランスのチェロ奏者。パリ生まれ。初めピアノを学んだが、9歳のとき小児麻痺(まひ)にかかって右足が不自由となったためチェロに転向。パリ音楽院卒業の翌1924年パリでデビュー。独奏・室内楽でしだいに頭角を現し、30年代中ごろにはヨーロッパにおける名声を確固たるものにした。48年アメリカにデビュー、54年(昭和29)初来日。気品のある音色と典雅で風格のある演奏スタイルで知られ、バッハやベートーベン演奏に高い境地を示した。ピアノのシュナーベル、バイオリンのシゲッティと組んだ三重奏、ピアノのケンプと組んだ二重奏は、第二次世界大戦後の室内楽復興の足掛りともなった。バイオリン奏者のジャン・フルニエJean F.(1911― )は実弟。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フルニエの関連キーワードカザルスボッケリーニラロ斎藤秀雄フランスソワール倉田高原智恵子グレーデナークレンゲル, ユリウスシュミット, フランツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フルニエの関連情報