コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレズノ フレズノ Fresno

4件 の用語解説(フレズノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレズノ
フレズノ
Fresno

アメリカ合衆国カリフォルニア州中部,サンホアキン川流域の中心都市。海岸山脈シエラネバダ山脈の間に位置する。 1872年サザン・パシフィック鉄道の開通によって創設。南北約 160kmに広がる肥沃な土壌と温暖な気候,さらに灌漑設備の整っていることもあって,アメリカ合衆国の中でも最も集約的な農業が営まれる地域である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フレズノ

米国,カリフォルニア州,サン・ウォーキン・バレーに位置する商工業都市。周辺の広大な果樹園をひかえ,農産物取引,果実加工の中心。干しブドウの生産は世界最大。50万5009人(2012)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フレズノ【Fresno】

アメリカ合衆国カリフォルニア州中部の都市。人口38万7000(1994)。肥沃な灌漑農業地帯であるサン・ウォーキン・バレーの中心都市で,同バレー東側にあり国道99号線に沿う。野菜,果物,綿花などの生産地で,とくにブドウ栽培が盛んである。〈サン・メードレーズン〉で知られる世界的な干しブドウの産地であるほか,ワイン醸造,酪製品などの農産加工業の中心である。州立大学をもつ文化の中心でもあり,ヨセミテセコイア,キングズ・キャニオンなどの国立公園への玄関口にもあたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレズノ
ふれずの
Fresno

アメリカ合衆国、カリフォルニア州中部の都市。サン・ホアキン谷に位置する。人口42万7652(2000)。サン・ホアキン谷地域の経済、商業の中心地で、鉄道を中心とした交通の要地でもある。合衆国有数の農業地帯に産するブドウ、スモモメロンや大麦、綿花などの出荷・市場・加工地として知られるが、干しぶどうなどの食品加工やワイン、ブランデー製造など多種工業が発達する。文化・レクリエーション施設も多く、ヨセミテ国立公園セコイア国立公園など、観光の拠点でもある。1872年に町が開かれ、1885年より市制が施行された。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレズノの関連キーワードポモ族カリフォルニア米カリフォルニアシーワールドカリフォルニアカリフォルニア・ドリームカリフォルニア・レーズンデーカリフォルニア・バレエ団カリフォルニア・スパングルカリフォルニア大学バークレー校カリフォルニア[州]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フレズノの関連情報