コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレズノ Fresno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレズノ
Fresno

アメリカ合衆国,カリフォルニア州中部,サンホアキン川流域の中心都市。海岸山脈とシエラネバダ山脈の間に位置する。 1872年サザン・パシフィック鉄道の開通によって創設。南北約 160kmに広がる肥沃な土壌と温暖な気候,さらに灌漑設備の整っていることもあって,アメリカ合衆国の中でも最も集約的な農業が営まれる地域である。周辺で産する綿花,穀物,ブドウなどの果実,サトウキビなど農畜産物の加工,農業機械類の供給が行われる。シエラネバダ山脈への観光基地でもある。カリフォルニア州立大学フレズノ校がある。人口 49万4665(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フレズノ

米国,カリフォルニア州,サン・ウォーキン・バレーに位置する商工業都市。周辺の広大な果樹園をひかえ,農産物取引,果実加工の中心。干しブドウの生産は世界最大。50万5009人(2012)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フレズノ【Fresno】

アメリカ合衆国カリフォルニア州中部の都市。人口38万7000(1994)。肥沃な灌漑農業地帯であるサン・ウォーキン・バレーの中心都市で,同バレー東側にあり国道99号線に沿う。野菜,果物,綿花などの生産地で,とくにブドウ栽培が盛んである。〈サン・メード・レーズン〉で知られる世界的な干しブドウの産地であるほか,ワイン醸造,酪製品などの農産加工業の中心である。州立大学をもつ文化の中心でもあり,ヨセミテセコイア,キングズ・キャニオンなどの国立公園への玄関口にもあたる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレズノ
ふれずの
Fresno

アメリカ合衆国、カリフォルニア州中部の都市。サン・ホアキン谷に位置する。人口42万7652(2000)。サン・ホアキン谷地域の経済、商業の中心地で、鉄道を中心とした交通の要地でもある。合衆国有数の農業地帯に産するブドウ、スモモ、メロンや大麦、綿花などの出荷・市場・加工地として知られるが、干しぶどうなどの食品加工やワイン、ブランデー製造など多種工業が発達する。文化・レクリエーション施設も多く、ヨセミテ国立公園やセコイア国立公園など、観光の拠点でもある。1872年に町が開かれ、1885年より市制が施行された。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フレズノの関連キーワードウィリアム サローヤンサン・ウォーキン[川]カーソン パーマーマーク クルーンS. ペキンバーポール ジョージサン・ホアキン川わが名はアラムマット ガーザサロイヤンペキンパーサローヤン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android