コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーゴー Gustav Hugo

1件 の用語解説(フーゴーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フーゴー【Gustav Hugo】

1764‐1844
ドイツの法学者。ゲッティンゲン大学で学び,講師を経て1792年に教授。第2次人文主義の旗手として〈歴史法学の先駆者〉となった。カント自然法論の立場に立ちつつも,特定の民族の法規や制定法では自然法は直接的には顧慮されていないということから,デカルト以来の理性法論見られる抽象化・一般化の主張を排し,個別的歴史主義的観察をなさねばならぬと主張した。《実定法の哲学としての自然法論》《民法教程》《新法律エンツィクロペディー》といった著作にそうした歩みが見られるが,しかし彼の構想は次の世代の〈歴史法学の完成者〉と呼ばれたサビニーによって質的には決定的に凌駕されてしまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フーゴーの関連キーワードイェリネックグリムサビニー西ドイツブントロエスレル統一ドイツドイツの小さな町レーンホルム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フーゴーの関連情報