コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーゴー Gustav Hugo

世界大百科事典 第2版の解説

フーゴー【Gustav Hugo】

1764‐1844
ドイツの法学者。ゲッティンゲン大学で学び,講師を経て1792年に教授。第2次人文主義の旗手として〈歴史法学先駆者〉となった。カント的自然法論の立場に立ちつつも,特定の民族の法規や制定法では自然法は直接的には顧慮されていないということから,デカルト以来の理性法論に見られる抽象化・一般化の主張を排し,個別的歴史主義的観察をなさねばならぬと主張した。《実定法の哲学としての自然法論》《民法教程》《新法律エンツィクロペディー》といった著作にそうした歩みが見られるが,しかし彼の構想は次の世代の〈歴史法学の完成者〉と呼ばれたサビニーによって質的には決定的に凌駕されてしまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

フーゴー

生年月日:1764年11月23日
ドイツの法学者
1844年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

フーゴーの関連キーワードリカルドゥス[サン・ビクトールの]ディートリヒ ヘンシェルシュテファン フッソングヘルマン フェーリングポルティナーリ祭壇画ヘルマン ティーミヒヘレーネ ティーミヒサン・ビクトール学派ラサール エノミヤダニエル ゴーゲルティーミヒ(一家)ハンス ティーミヒウフィツィ美術館クリュニー修道院オーストリア文学ロンカリア立法アレクサンダーボナベントゥラアイヒホルンマイナルディ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android