コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライラ Brǎila

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブライラ
Brǎila

ルーマニア南東部,ブライラ県 (面積 4724km2。人口 39万 2100〈1992推計〉) の県都。ドナウ川の左岸に位置する河港都市。 14世紀中頃からの町で,1554年トルコに征服されたが,1829年ルーマニアに返還された。その後ルーマニア第2の輸出港として繁栄。造船,機械,冶金,木材,繊維などの工業が行われるほか,ドナウ川下流デルタ地帯に生育するアシ (葦) を原料とする製紙やセルロース精製のコンビナートもある。人口 23万 4706 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ブライラ

ルーマニア南東部の都市。ドナウ川下流の河港市で,造船・製鉄・機械・セルロース・食品加工などの工業が行われる。古代ギリシア以来の歴史をもち,15世紀からトルコ領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブライラ【Brǎila】

ルーマニア平原の北東端に位置し,ドナウ川に臨む河港都市。同名県の県都。人口23万6000(1994)。古代ギリシア時代にはプロイラボンの地名で知られる。記録文書に現れるのは1368年以降で,当時はブリラゴと呼ばれ,貿易港であった。15世紀にはオスマン・トルコ領になり,要塞や居留地が造られた。19世紀のアドリアノープル条約でルーマニアに帰属した。ドナウ川の港としてガラツィに次ぎ,ドナウ・デルタ方面への始発港である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブライラ
ぶらいら
Brila

ルーマニア南東部、ブライラ県の県都。ドナウ川の下流、ルーマニア平原の東端にある河港都市。人口21万6929(2002)。町は古くから存在したが、記録上にみえるのは14世紀で、貿易港ブリラゴBrillago(またはドリナゴDrinago)として現れた。15世紀にはトルコ領となり、要塞(ようさい)や居留地がつくられたが、1829年アドリアノープル(現トルコのエディルネ)の和でふたたびルーマニアに帰属した。ドナウ川の河港としてはガラチに次ぐ同国第二の規模の港湾で、ドナウ・デルタ方面への船の始発港である。製鉄、建設・輸送機械、造船、建築資材、木材加工、繊維、食品などの工業が発達している。スフント・アルハンゲリ教会は17世紀にイスラム寺院として建立されたが、1831年にルーマニア正教会にかわった。[佐々田誠之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブライラの関連キーワードパナイト イストラティヤニス クセナキスイストラティドナウ委員会クセナキスマネスクワラキアボテフ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android