コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラワヨ ブラワヨBulawayo

百科事典マイペディアの解説

ブラワヨ

ジンバブエ南西部の工業都市。首都ハラレの南西約400km,ボツワナとの国境に近く,標高約1380m。南アフリカ共和国ザンビアへの鉄道の中心地で空港もある。鉄鋼業が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブラワヨ【Bulawayo】

アフリカ南部の内陸国ジンバブウェ南西部の都市。人口62万1000(1992)。標高1400mの高地にあり,首都ハラレ,南アフリカ共和国,ザンビアに通じる鉄道,道路,航空路をもつ,交通・通信の要衝である。商工業の面ではこの国で最も発展しており,食品加工業のほか織物,タイヤ,建設資材,電機などを生産する。大学,博物館,総合病院などの施設も整っている。19世紀にマタベレ(ヌデベレ)族の王国の領域であったが,1893年イギリスアフリカ会社に占領された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラワヨ
ぶらわよ
Bulawayo

アフリカ南部、ジンバブエ南西部の都市。マタベレランド地方の中心地で商工業が発達している。人口62万1742(1992)。1871年よりンデベレ人のロベングラ王の居住地であったが、1893年、ジェームソンの率いるイギリス軍に占領され、王も殺された。ブラワヨとはンデベレ語で「殺戮(さつりく)の場所」を意味する。その後白人入植者が急増し、1896年のンデベレ人の抵抗も平定され、鉄道の開通とともに発展した。現在は首都ハラーレ、ビクトリア滝、ボツワナのハボローネ、南部のベイトブリッジ方面への鉄道の十字路にあたり、物資の集散地となっている。600社以上の企業があり、食品加工、織物、車両・セメント製造などの工業が立地する。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラワヨの関連情報