コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリュンチエール Brunetière, Ferdinand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリュンチエール
Brunetière, Ferdinand

[生]1849.7.19. ツーロン
[没]1906.12.9. パリ
フランスの批評家。ルイ・ル・グラン校を出たのち独学で文学を研究,1886年エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) およびパリ大学の教授に就任。 93年アカデミー・フランセーズ会員。同年『両世界評論』 La Revue des Deux Mondesの主筆となる。自然主義を攻撃,18世紀啓蒙主義,19世紀ロマン主義に対する 17世紀古典主義の優位を唱えた。また,文学史における進化の問題を様式の面から論じ,文学史を批評の基準にしようとしたいわゆる裁断批評の代表者。主著『批評的研究』 Études critiques (9巻,1880~1925) ,『自然主義の小説』 Le Roman naturaliste (1883) ,『フランス演劇の諸段階』 Les Époques du théâtre français (92) ,『19世紀における抒情詩の進化』 Évolution de la poésie lyrique au XIXe siècle (94) ,『フランス文学史提要』 Manuel de l'histoire de la littérature française (98) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブリュンチエール
ぶりゅんちえーる
Ferdinand Brunetire
(1849―1906)

フランスの文学史家、批評家。トゥーロン出身。パリに出てルイ・ル・グラン高等中学に学ぶ。高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)の入試に失敗したが、独学でフランス文学研究に打ち込み、のち同校教授となり(1886)、多くの文学者を育てる。これより先『両世界評論』の執筆者になり、のち主筆となる。同誌に載せたエッセイの集成たる『自然主義小説』Le Roman naturaliste(1883)で、批評家としての地位が確立する。ゾラをはじめとするいわゆる自然主義作家たちの欠陥、観察の貧弱さ、文体の粗雑さ、細部の理由なき誇張などを指摘すると同時に、彼らとはまったく無縁な、偉大なる17世紀を代表する古典派大作家たちの自然崇拝を見直して、それを「古典派の自然主義」とよんだ。これらの作家の自然概念は、ゾラのそれとは異なり、人間的自然あるいは本性にほかならないのである。ブリュンチエールは17世紀の巨匠たちに文学の理想をみいだすとともに、偉大なる説教家ボシュエに傾倒した。ボシュエの代表作『世界史序説』(1681)なくして、ブリュンチエールの『フランス文学史序説』(1897)は考えられない。そしてボシュエの「叙情性」の同質的延長なくしては『19世紀フランス叙情詩の進化』(1894)も構想されえなかったであろう。そのほか『フランス文学史に関する批評的研究1~9』(1880~1925)、『文学におけるジャンルの進化』(1890)、『フランス古典文学史1~4』(1904~1917)、晩年の小傑作『オノレ・ド・バルザック』(1906)などがある。アカデミー会員。[松崎芳隆]
『関根秀雄訳『仏蘭西文学史序説』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブリュンチエールの関連キーワードアラン(哲学者、評論家)両世界評論7月19日文芸批評ジャンルシャルム印象批評リヨテ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブリュンチエールの関連情報