ブルグント(読み)ぶるぐんと(英語表記)Burgund

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルグント(民族)
ぶるぐんと
Burgund

古ゲルマン民族のうちの東ゲルマン系の一集団。ポンメルン東部の原住地から、4世紀後半にはライン川中流域に進出、ローマと同盟関係に入り、413年グンダハル王のもとでブルグント王国を建てたが、436年ローマの将軍アエティウス指揮下のフン人傭兵(ようへい)軍に敗れて滅亡した。中世ドイツの叙事詩『ニーベルンゲンの歌』はこの史実を素材としている。グンダハルの孫グンドベッヒは、敗残の民を率いてサボイア地方に移り、443年王国を再建。その子グンドバードは、父王の死後分裂した王国を再統一し、息子ジギスムントと東ゴート国王テオドリックの娘との結婚により東ゴート王国との提携を図り、西ゴート人からプロバンス地方を奪い、ブルグント法典を編纂(へんさん)させるなど、王国の最盛期を実現した。しかし、東方および南方への進出を企てるフランク王国からの圧迫を受け、東ゴート王国の支援を受けてこれと対抗しようとしたが、結局534年、クロタール1世をはじめフランク諸王の連合軍に敗れ、国王グンディマルは戦死し、フランク王国に併合された。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android