ブルーリボン賞(読み)ブルーリボンショウ

デジタル大辞泉の解説

ブルーリボン‐しょう〔‐シヤウ〕【ブルーリボン賞】

東京の新聞記者・通信社が選定する映画賞。昭和25年(1950)創設。昭和42年(1967)に一時廃止されたが、昭和50年(1975)に復活して今日に至る。
鉄道友の会が、前年度に営業運転を始めた新型車両の中から優秀と認められた車両に贈る賞。全会員の投票により選定される。昭和33年(1958)に制定。→ローレル賞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ブルーリボンしょう【ブルーリボン賞】

東京の映画記者会の賞。毎年一回、前年度の日本映画および外国映画からそれぞれベスト-テンを選び、日本映画の主演賞・監督賞・新人賞・大衆賞などを表彰する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルーリボン賞
ぶるーりぼんしょう

東京のスポーツ新聞7紙(スポーツニッポン、日刊スポーツ、サンケイスポーツ、スポーツ報知、東京中日スポーツ、デイリースポーツ、東京スポーツ)の記者が運営する東京映画記者会から授与される映画賞。1950年(昭和25)に、『朝日新聞』の井沢淳(いざわじゅん)(1916―1976)、『毎日新聞』の岡本博(おかもとひろし)(1913―2002)、『読売新聞』の谷村錦一(たにむらきんいち)(1915―1989)ら、新聞の映画担当記者によって「日本映画文化賞」の名称で創設された。第1回日本映画文化賞は、日本初の長編カラー映画である『カルメン故郷に帰る』(木下恵介監督、松竹)が受賞した。賞状を青いリボンで結んだことから、ブルーリボン賞の名がつき、第3回から正式名称に採用された。1961年、美空ひばりの選考問題で記者会が分裂し、一般紙と共同通信の記者が脱退。1967年には、日本レコード大賞の収賄疑惑に絡んで、ジャーナリストである新聞記者が賞を授与することが問題視され、一時的に休止となる。しかし、日本映画の停滞が続いていた1976年から、映画界の振興を目的に復活。2011年(平成23)の時点で、作品賞、主演男優・女優賞、助演男優・女優賞、新人賞、監督賞、海外作品賞を基本とした各部門が設けられている。とりわけ、三國連太郎(みくにれんたろう)(1923―2013)(第2回)、石原裕次郎(第8回)、今村昌平(第9回)、大島渚(第11回)らをいち早くみいだした新人賞は、日本の映画界を支える新たな才能の発掘に定評がある。[上田 学]
『石原良太編『デラックスカラーシネアルバム20 映画賞・映画祭日本・外国受賞作品大全集』(1986・芳賀書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルーリボン賞の関連情報