コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレスト・リトフスク条約 ブレストリトフスクじょうやく

百科事典マイペディアの解説

ブレスト・リトフスク条約【ブレストリトフスクじょうやく】

第1次大戦末期の1918年,ブレスト・リトフスクBrest-Litovsk(今のブレスト)で独露間に結ばれた講和条約。条約締結に際してはロシア共産党内で激しい対立が起こった。
→関連項目第1次世界大戦対ソ干渉戦争ヨッフェ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレスト・リトフスク条約
ぶれすとりとふすくじょうやく

1918年3月3日ベロルシア(現ベラルーシ)のブレスト・リトフスクでソビエト政府がドイツ、オーストリア・ハンガリー、トルコなど同盟国側と結んだ単独講和条約。
 ロシア革命後、ソビエト政府は、すべての交戦国に無併合、無償金、民族自決を原則とする講和を訴えた。しかし、協商国側はこれに応ぜず、ドイツ側だけが応じた。1917年12月22日に開始された交渉は、ドイツ側の過大な領土要求のために難航した。18年1月に、いったん首都へ戻った全権代表トロツキーは「戦争もしないが、講和も結ばない」という交渉引き伸ばし案を打ち出した。これに対し、ブハーリンらはドイツ革命を誘発させるための徹底抗戦を主張、レーニンはロシア革命の「息継ぎ」のために即時講和を主張した。1月21日のボリシェビキ党幹部会ではブハーリン派が多数であったが、24日の党中央委員会ではトロツキー案が通った。この引き伸ばしの間に、ブレスト・リトフスクでのドイツ側の態度を非難しソビエトを支持する気運が、東・中欧および西欧に広がったが、2月18日ドイツ側は対ソ攻撃を再開した。同日夕方のボリシェビキ党中央委員会では、トロツキーが意見を変えたためにレーニン案が勝利し、夜の人民委員会議で講和条件受諾が決定された。しかし、その間にドイツ側の講和条件はより過酷になっていた。3月3日に調印された講和は、3月6~8日のボリシェビキ党第7回大会で承認され、16日には第4回全ロシア・ソビエト大会で批准されたが、これはボリシェビキ党内の分裂のみならず、左派SR(エスエル)の離反をも招いた。講和により、ロシアはポーランド、バルト海沿岸、ベロルシアの一部、ザカフカスの一部を放棄し、ウクライナの独立を承認し、有力な穀倉地帯や工業中心地を失った。またこれにより、東・中欧の革命運動はロシアから分断された。しかし条約自体は、ドイツの敗戦後に破棄され、ベルサイユ条約によって失効が確認された。[南塚信吾・羽場久子]
『E・H・カー著、宇高基輔訳『ボリシェヴィキ革命 1917―1923 第三巻』(1971・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブレスト・リトフスク条約の関連キーワード第一次世界大戦史(年表)ドラング・ナハ・オステンソビエト連邦史(年表)ブレスト(ベラルーシ)ロシア革命史(年表)アドルフ ヨッフェ第一次世界大戦リャザーノフブレスト要塞ポーランド史トロツキーブハーリンドイツ革命干渉戦争レーニンリガ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブレスト・リトフスク条約の関連情報