コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレーン・ストーミング brainstorming

翻訳|brainstorming

2件 の用語解説(ブレーン・ストーミングの意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

ブレーン・ストーミング【brainstorming】

米国の心理学者オズボーンが、創造性発揮のために開発した方法。新製品アイデアをはじめとして、アイデア開発のために活用されている。ブレーン・ストーミングをうまく運営するためには、(1)参加メンバーは6〜7名が望ましい、(2)メンバーの中に、特定の問題に関係ある専門家を過度に混ぜないようにする、(3)問題はできるだけ明確にする必要がある、(4)1つのブレーン・ストーミングでは1つの問題に限定する必要がある、(5)時間は1時間にとどめる、(6)会合時間は午前中が望ましい、(7)相互に、他人の発言を批判することをさけ、各人が問題をめぐって、自由に発言できるようにする。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレーン・ストーミング
ぶれーんすとーみんぐ
brain storming

本来ブレーン・ストームとは、突然の一時的な精神的錯乱ないし発作の意味であるが、アメリカ創造性開発の研究者オズボーンは、1939年に広告会社で妙案を出す集団的思考技術として試みた方法を、ブレーン・ストーミングと命名した。この手法は、5~10名ぐらいのメンバーからなるグループに40分から60分間特定の課題について、次のような規則に従って自由にアイデアを出し合い話し合いをさせるものである。その規則は、〔1〕出されたアイデアについてよしあしの批判をしない、〔2〕アイデアは自由奔放であるほどよい、〔3〕できるだけ多くのアイデアを出す、〔4〕他人のアイデアを改良したり、二つのアイデアを組み合わせたりすることも考える、などである。ブレーン・ストーミング終了後には、出されたアイデアの審査が行われ、有望なものが採択されるが、アイデアの評価と総合の段階が重視されてきている。[辻 正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブレーン・ストーミングの関連キーワードオズボーン社会心理学青年心理学ソーンダイクブント幼児心理学リボーワトソンオズボーンハウス今田恵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブレーン・ストーミングの関連情報