ブレーン・ストーミング(読み)ぶれーんすとーみんぐ(英語表記)brain storming

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブレーン・ストーミング
ぶれーんすとーみんぐ
brain storming

本来ブレーン・ストームとは、突然の一時的な精神的錯乱ないし発作の意味であるが、アメリカの創造性開発の研究者オズボーンは、1939年に広告会社で妙案を出す集団的思考技術として試みた方法を、ブレーン・ストーミングと命名した。この手法は、5~10名ぐらいのメンバーからなるグループに40分から60分間特定の課題について、次のような規則に従って自由にアイデアを出し合い、話し合いをさせるものである。その規則は、〔1〕出されたアイデアについてよしあしの批判をしない、〔2〕アイデアは自由奔放であるほどよい、〔3〕できるだけ多くのアイデアを出す、〔4〕他人のアイデアを改良したり、二つのアイデアを組み合わせたりすることも考える、などである。ブレーン・ストーミング終了後には、出されたアイデアの審査が行われ、有望なものが採択されるが、アイデアの評価と総合の段階が重視されてきている。

[辻 正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

流通用語辞典の解説

ブレーン・ストーミング【brainstorming】

米国の心理学者オズボーンが、創造性発揮のために開発した方法。新製品アイデアをはじめとして、アイデア開発のために活用されている。ブレーン・ストーミングをうまく運営するためには、(1)参加メンバーは6〜7名が望ましい、(2)メンバーの中に、特定の問題に関係ある専門家を過度に混ぜないようにする、(3)問題はできるだけ明確にする必要がある、(4)1つのブレーン・ストーミングでは1つの問題に限定する必要がある、(5)時間は1時間にとどめる、(6)会合時間は午前中が望ましい、(7)相互に、他人の発言を批判することをさけ、各人が問題をめぐって、自由に発言できるようにする。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android