コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロック経済 ブロックけいざいblock economy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロック経済
ブロックけいざい
block economy

複数の国々または本国植民地半植民地従属国が形成する一つの経済圏広域経済という語もほぼ同義に使われる。ブロック内の国々の経済的利益を守るため,対外的に貿易その他の面で障壁をつくって自由な経済交流を妨げる一方,ブロック内では特恵関税などにより相互の経済関係を強めるよう行動するのが特色。 1930年代には主要商品のブロック内における自給自足をはかる閉鎖的な経済圏がいくつか形成され,相互に政治的,軍事的,経済的に対立した。最近では EUの市場統合,北米自由貿易協定 NAFTAなどがブロック経済を目指すものの例としてあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブロック‐けいざい【ブロック経済】

複数の国々が経済的相互協力の体制を築いて域内における経済交流を促進し、域外諸国には閉鎖的な経済圏のこと。広域経済。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブロック経済【ブロックけいざい】

本国と植民地,または同盟国関税同盟や特恵関税により形成する閉鎖的経済体制。1932年イギリス連邦諸国がオタワ協定で世界恐慌対策として特恵制度によるブロックを形成したのに発端,米独日等各強国中心に結成。
→関連項目大恐慌第2次世界大戦ロンドン会議

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブロックけいざい【ブロック経済 bloc economy】

一般には,世界経済史上1930年代の大不況期から第2次大戦中にかけて現れた,主要国が自国を中心にいくつかの国によって排他的,閉鎖的なグループをつくり,その中での貿易によって経済を運営しようとした現象のことを指し,経済のブロック化ともいう。1929年に始まる世界的な大不況(いわゆる大恐慌)のなかで,世界各国は不況対策としてきそって関税・数量制限などの輸入制限を強化し,国際収支の赤字に悩む多くの国々は金本位制を停止して為替管理を強化した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブロックけいざい【ブロック経済】

政治上の同盟国や植民地と本国などが一つの経済圏を形成し、圏内で商品市場の確保や原料・食糧供給地の確保などを行うこと。第二次大戦前のイギリス連邦のポンド-ブロック、戦後の EC など。広域経済圏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロック経済
ぶろっくけいざい
bloc economy英語
conomie en blocフランス語
Wirtschaftsblockドイツ語

いくつかの国を経済的に統合して、域内では特恵関税などにより貿易を盛んにし、域外に対しては差別的な高い関税を維持することなどによって一つの経済圏を形成すること。1930年代の世界的な大不況によって世界貿易は大幅な落ち込みをみせたが、それに対処するため、イギリス連邦が32年オタワ協定によって特恵関税を軸とするスターリング・ブロック(ポンド・ブロック)を形成したのがブロック経済の始まりである。それは、域内市場を外国から遮断して国内の不況を和らげることをねらったものであった。その後、これに対抗してドイツも、同様の構想のもとに東南ヨーロッパ諸国と双務的な清算協定を結んで、広域経済化を進めた。また、フランスを中心とする金ブロック、アメリカを中心とするドル・ブロック、日本を中心とする円ブロックなど、通貨ブロックが次々に形成された。これら排他的なブロック経済は、多角的な自由貿易を破壊するものであり、ブロック相互の間の政治的・経済的な摩擦を強め、第二次世界大戦を引き起こす一つの遠因となった。[志田 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブロック経済の言及

【円ブロック】より

…1929年の大恐慌後主要資本主義国はそれぞれ植民地および勢力圏下の諸国をとりこんで,スターリング・ブロック,マルク・ブロック,金ブロックなどの排他的かつ閉鎖的な経済圏を形成したが,日本も満州国(中国東北),中国占領地を中心対象としてブロック経済圏を形成した。これを円ブロックという。…

【関税】より

…自由貿易を守っていたイギリスも,1932年の輸入関税法によって,ついに自由貿易政策を放棄し,同年にはオタワ協定によってイギリス連邦特恵関税制度を確立する。これを契機として,世界経済は排他的なブロック経済体制へと進展し,第2次大戦を招くことになる。同大戦が終りに近づくにつれて,ブロック経済体制と高関税・輸入制限政策が深く反省され,国際協調のもとに世界経済を立て直そうとする体制づくりが模索されはじめる。…

※「ブロック経済」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブロック経済の関連キーワードブレトン・ウッズ協定日満支経済ブロックオタワ特恵関税協定アウタルキー経済チェンバレン管理通貨制度国際貿易機構アウタルキーオタワ会議広域経済圏昭和研究会帝国主義統制貿易多角貿易保護主義広域圏確保圏内原料戦後

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブロック経済の関連情報