コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロック造建築 ブロックぞうけんちく building of concrete block masonry construction

3件 の用語解説(ブロック造建築の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロック造建築
ブロックぞうけんちく
building of concrete block masonry construction

コンクリートブロックを積上げ,鉄筋とコンクリートモルタルで補強した壁をもつ建物。日本ではブロックだけを積上げた建物は許可されず,必ず鉄筋を通さなければならない。ブロックの強度によって建物の階数制限があり,最高は3階までで,しかも耐力壁を必要とするので大建築や開放的な建物には向かない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブロック造建築【ブロックぞうけんちく】

工場で生産されたコンクリートブロックを現場で組積して作った建築。ふつうは空洞をもつコンクリートブロックに鉄筋を挿入して,補強しながら積み上げる,補強コンクリートブロック造建築を指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブロックぞうけんちく【ブロック造建築】

一般にブロック造建築といわれているものは,正確には補強コンクリートブロック造建築,あるいは型枠コンクリートブロック造建築のことで,いずれも工場生産されたコンクリートブロックを現場で積み上げて造る建築である。補強コンクリートブロック造建築とは,空洞をもつコンクリートブロックに鉄筋を挿入して補強しながら積み上げ,コンクリートブロックと鉄筋が一体となって壁体を構成するもので,型枠コンクリートブロック造建築は,H,L,Z,T型などのコンクリートブロックを組み合わせ型枠とし,中空部に鉄筋を配置しコンクリートを打ち込むものであり,量的には前者の形式が大半を占めている(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブロック造建築の関連キーワードジャンパーブロック点字ブロック消波ブロックブロック建築透かしブロックウエーブロック補強コンクリートブロック造型枠コンクリートブロック造建築コンクリートブロック造ブロック (block)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone