ブロモメタン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロモメタン
ぶろもめたん
bromomethane

ハロゲン化アルキルの一つ。メタンの水素原子1個を臭素原子に置換したもの。臭化メチル、メチルブロミドともよぶ。クロロホルム様の臭気をもつガスである。水には約2%溶け、有機溶媒にはよく溶ける。
 メタノール(メチルアルコール)に臭化水素酸と少量の硫酸を加えて蒸留すれば得られる。

 玄米、小麦、耕土の燻蒸(くんじょう)剤や精油の抽出剤に用いられる。許容濃度15ppm。ガスを吸入すると頭痛、めまいなどをおこす。[加治有恒]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android