コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロモメタン

栄養・生化学辞典の解説

ブロモメタン

 CH3Br (mw94.94).臭化メチルともいう.油脂の抽出剤,駆虫のための燻煙剤として使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロモメタン
ぶろもめたん
bromomethane

ハロゲン化アルキルの一つ。メタンの水素原子1個を臭素原子に置換したもの。臭化メチル、メチルブロミドともよぶ。クロロホルム様の臭気をもつガスである。水には約2%溶け、有機溶媒にはよく溶ける。
 メタノール(メチルアルコール)に臭化水素酸と少量の硫酸を加えて蒸留すれば得られる。

 玄米、小麦、耕土の燻蒸(くんじょう)剤や精油の抽出剤に用いられる。許容濃度15ppm。ガスを吸入すると頭痛、めまいなどをおこす。[加治有恒]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブロモメタンの関連キーワードブロモメタン(データノート)テトラクロロメタンメチルブロマイド有機ハロゲン化物オゾン層保護法メチルリチウムトリハロメタンオゾン層