コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロモメタン

2件 の用語解説(ブロモメタンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ブロモメタン

 CH3Br (mw94.94).臭化メチルともいう.油脂の抽出剤,駆虫のための燻煙剤として使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロモメタン
ぶろもめたん
bromomethane

ハロゲン化アルキルの一つ。メタン水素原子1個を臭素原子に置換したもの。臭化メチル、メチルブロミドともよぶ。クロロホルム様の臭気をもつガスである。水には約2%溶け、有機溶媒にはよく溶ける。
 メタノール(メチルアルコール)に臭化水素酸と少量の硫酸を加えて蒸留すれば得られる。

 玄米、小麦、耕土の燻蒸(くんじょう)剤や精油の抽出剤に用いられる。許容濃度15ppm。ガスを吸入すると頭痛、めまいなどをおこす。[加治有恒]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブロモメタンの関連キーワード臭化水素臭化物燻蒸剤臭化臭化エチル臭化カリガス燻蒸臭化シアン臭化メチルメチルブロミド

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone