ブースター(英語表記)booster

翻訳|booster

デジタル大辞泉の解説

後押しする人。後援者。特に、バスケットボールやアメリカンフットボールで、特定チームの熱狂的ファン。
電圧昇圧器。また、無線機などの送受信用の増幅器
主ロケット発射時に用いられる補助推進装置。
航空機の燃料系統に用いられる、液圧を高める装置

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

推力増強を目的として主エンジンと並列あるいは直列に取りつけられるロケットエンジン。ロケットでは,主として第1段初期の増速に用い,重力損失(重力に対しむだになされる仕事)を減らすことおよび無誘導ロケットの軌道分散(風などの不確定要因による軌道のばらつき)を減らすことを目的とする。したがって多くの場合推力の大きい固体ロケットエンジンが用いられる。 まれには多段ロケットの各段エンジンを第1段ブースター,第2段ブースターなどの名で呼ぶことがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

押し上げるものの意
ロケット・人工衛星などが、軌道や飛道に到達するために用いる補助推進装置。
電気の昇圧器。また、無線機の送受信用の増幅器。
油圧や水圧を高める装置。高空を飛ぶ飛行機の燃料系統などに用いる。
大型シンクロトロンの入射器として用いる小型シンクロトロン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多段式ロケットの第一段、あるいは推力増強用補助ロケットのように、大推力を発して離陸上昇の役割を果たすロケットのこと。これを拡大解釈して、多段式ロケットの全段を一括して、人工衛星や宇宙船を打ち上げるブースターと称することもある。大推力がブースターの基本条件であるため、これに用いられるロケットは、現在のところ固体あるいは液体ロケットに限られ、非化学ロケットの実用例はない。[黒田泰弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (booster)
① ロケットなどの発進に、適当な初速度を与える補助推進装置。
② 電圧の昇圧機。また、無線機などの送受信用の増幅器。
③ 液圧の加圧装置。高圧ポンプの前段の加圧ポンプなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブースターの関連情報