コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブールハーフェ ブールハーフェ Boerhaave, Hermann

5件 の用語解説(ブールハーフェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブールハーフェ
ブールハーフェ
Boerhaave, Hermann

[生]1668.12.31. フォールハウト
[没]1738.9.23. ライデン
オランダの医学者。すぐれた臨床教育を行なった最初の人。初めライデン大学で神学を修めたが,のち医学を専攻。 1709年ライデン大学医学教授兼植物学教授,14年臨床医学教授,18年化学教授となり,ライデン大学,特に医学校としての名を高めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブールハーフェ

オランダの医学者。ライデン大学教授。病気の症状,病因,治療法等を系統的にまとめた《医学論》を著した。人体の生理機能については機械論的説明を与え,当時の医学界に大きな影響を与えた。
→関連項目スワンメルダム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブールハーフェ【Hermann Boerhaave】

1668‐1738
オランダの医学者。近代医学教育の創始者で,彼の影響は世界に及んだ。ライデン近くで生まれ,哲学ついで医学を修め,ライデン大学で医学を講じたのをはじめ,植物学や化学など幅広い領域に関心をもった。医学教授としてはベッドサイド・ティーチングを重んじ,顕微鏡体温計の使用,脈拍の測定など計測的診断法を導入し,病理解剖をなした。汗腺を記載し,消化の研究を行った。経験,観察,実験を重んじ,折衷派の立場をとった。ヨーロッパ各地から学生が集まり,ライデン学派の名を高からしめ,弟子にハラーファン・スウィーテンらの有名人が輩出し,ウィーンエジンバラゲッティンゲンフィラデルフィアなどに学統が及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブールハーフェ【Hermann Boerhaave】

1668~1738) オランダの医学者・化学者。総合的な科学性をもつ医学の建設を目指し、独立した学としての化学を強調した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブールハーフェ
ぶーるはーふぇ
Herman Boerhaave
(1668―1738)

オランダの臨床医学者。1693年ハルデルウェーク大学で医学の学位をとり、ライデンで開業した。1701年ライデン大学講師に迎えられ、1709年臨床医学と植物学の教授となり、1718年から化学の教授を兼ねた。彼は実地臨床医学教育に力を注ぎ、世界で初めての「ベッドサイド・ティーチング」を男女各6、計12病床で行った。前歴の調査、疾病の経過、臨床観察を軽視せず、体温の測定、顕微鏡の臨床応用、尿の化学検査、死後の解剖などを重視した。当時彼の名声は高まり、各国の医学生が臨床講義に出席のため、ライデンに集まった。ヒポクラテスの教義を守り、物理学派や化学派に偏らず、折衷派であった。ライデン大学学長(1714~1715)、パリ王立科学アカデミー会員(1715)、ロンドン王立協会会員(1730)などとなった。門下には、スイスの生理学者A・ハラー、ウィーン医学派の開祖ファン・スウィーテンGerard Van Swieten(1700―1772)、その後継者ハエンAnton de Haen(1704―1776)、スウェーデンの植物学者リンネら、優秀な学者がいる。日本の蘭学(らんがく)に及ぼした影響も大きい。[古川 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブールハーフェの言及

【尿素】より

…尿素をUで表すと,HNO3・U,CaSO4・4U,H2C2O4・(1~2)Uその他多数の尿素複塩が知られている。
[尿素の研究史]
 尿素を尿から最初に単離したのは,1725年ころオランダのブールハーフェHermann Boerhaave(1668‐1738)である。18世紀末にはルエルHilaire Marin Rouelleは,尿素が窒素を多く含み,食物代謝の最終産物ではないかと述べた。…

【スワンメルダム】より

…しかし,社会的には恵まれず,R.deグラーフ,ステノらとの優先権争いをひきおこしたうえ,健康を害し,晩年は宗教団体の活動に没頭,デカルト的合理主義と神秘思想の間を揺れ動いた。生前,出版されることのなかった昆虫研究などの科学上の著作はH.ブールハーフェによって《自然の聖書Biblia naturae》(1737‐38)として世に出されたが,これには,赤血球の発見(1658),リンパ管における弁の発見(1664)などの業績が含まれている。【月沢 美代子】。…

【尿素】より

…尿素をUで表すと,HNO3・U,CaSO4・4U,H2C2O4・(1~2)Uその他多数の尿素複塩が知られている。
[尿素の研究史]
 尿素を尿から最初に単離したのは,1725年ころオランダのブールハーフェHermann Boerhaave(1668‐1738)である。18世紀末にはルエルHilaire Marin Rouelleは,尿素が窒素を多く含み,食物代謝の最終産物ではないかと述べた。…

※「ブールハーフェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブールハーフェの関連キーワード石黒忠悳吉岡弥生カバニスクレペリンストモ東洋医学貨狄尊者スロイスブッケマ医学及び歯学教育のための献体に関する法律

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone