コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブールハーフェ Boerhaave, Hermann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブールハーフェ
Boerhaave, Hermann

[生]1668.12.31. フォールハウト
[没]1738.9.23. ライデン
オランダの医学者。すぐれた臨床教育を行なった最初の人。初めライデン大学で神学を修めたが,のち医学を専攻。 1709年ライデン大学医学教授兼植物学教授,14年臨床医学教授,18年化学教授となり,ライデン大学,特に医学校としての名を高めた。そのためにヨーロッパ各地から学生が集り,弟子を通じてエディンバラ大学やウィーン大学の医学教育にも影響を及ぼした。ドイツでは近代的な医学教育法の創始者とも目されている。彼は医学の起点をヒポクラテスにおき,T.シデナムに私淑,経験と実験を重視して空論を排した。主著『医学論』 Institutiones Medicae (1708) ,『箴言』 Aphorismi de Cognoscendis et Curandis Morbis (09) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブールハーフェ

オランダの医学者。ライデン大学教授。病気の症状,病因,治療法等を系統的にまとめた《医学論》を著した。人体の生理機能については機械論的説明を与え,当時の医学界に大きな影響を与えた。
→関連項目スワンメルダム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブールハーフェ【Hermann Boerhaave】

1668‐1738
オランダの医学者。近代医学教育の創始者で,彼の影響は世界に及んだ。ライデン近くで生まれ,哲学ついで医学を修め,ライデン大学で医学を講じたのをはじめ,植物学や化学など幅広い領域に関心をもった。医学教授としてはベッドサイド・ティーチングを重んじ,顕微鏡・体温計の使用,脈拍の測定など計測的診断法を導入し,病理解剖をなした。汗腺を記載し,消化の研究を行った。経験,観察,実験を重んじ,折衷派の立場をとった。ヨーロッパ各地から学生が集まり,ライデン学派の名を高からしめ,弟子にハラーファン・スウィーテンらの有名人が輩出し,ウィーン,エジンバラゲッティンゲンフィラデルフィアなどに学統が及んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブールハーフェ【Hermann Boerhaave】

1668~1738) オランダの医学者・化学者。総合的な科学性をもつ医学の建設を目指し、独立した学としての化学を強調した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブールハーフェ
ぶーるはーふぇ
Herman Boerhaave
(1668―1738)

オランダの臨床医学者。1693年ハルデルウェーク大学で医学の学位をとり、ライデンで開業した。1701年ライデン大学講師に迎えられ、1709年臨床医学と植物学の教授となり、1718年から化学の教授を兼ねた。彼は実地臨床医学教育に力を注ぎ、世界で初めての「ベッドサイド・ティーチング」を男女各6、計12病床で行った。前歴の調査、疾病の経過、臨床観察を軽視せず、体温の測定、顕微鏡の臨床応用、尿の化学検査、死後の解剖などを重視した。当時彼の名声は高まり、各国の医学生が臨床講義に出席のため、ライデンに集まった。ヒポクラテスの教義を守り、物理学派や化学派に偏らず、折衷派であった。ライデン大学学長(1714~1715)、パリ王立科学アカデミー会員(1715)、ロンドン王立協会会員(1730)などとなった。門下には、スイスの生理学者A・ハラー、ウィーン医学派の開祖ファン・スウィーテンGerard Van Swieten(1700―1772)、その後継者ハエンAnton de Haen(1704―1776)、スウェーデンの植物学者リンネら、優秀な学者がいる。日本の蘭学(らんがく)に及ぼした影響も大きい。[古川 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブールハーフェの言及

【尿素】より

…尿素をUで表すと,HNO3・U,CaSO4・4U,H2C2O4・(1~2)Uその他多数の尿素複塩が知られている。
[尿素の研究史]
 尿素を尿から最初に単離したのは,1725年ころオランダのブールハーフェHermann Boerhaave(1668‐1738)である。18世紀末にはルエルHilaire Marin Rouelleは,尿素が窒素を多く含み,食物代謝の最終産物ではないかと述べた。…

【スワンメルダム】より

…しかし,社会的には恵まれず,R.deグラーフ,ステノらとの優先権争いをひきおこしたうえ,健康を害し,晩年は宗教団体の活動に没頭,デカルト的合理主義と神秘思想の間を揺れ動いた。生前,出版されることのなかった昆虫研究などの科学上の著作はH.ブールハーフェによって《自然の聖書Biblia naturae》(1737‐38)として世に出されたが,これには,赤血球の発見(1658),リンパ管における弁の発見(1664)などの業績が含まれている。【月沢 美代子】。…

【尿素】より

…尿素をUで表すと,HNO3・U,CaSO4・4U,H2C2O4・(1~2)Uその他多数の尿素複塩が知られている。
[尿素の研究史]
 尿素を尿から最初に単離したのは,1725年ころオランダのブールハーフェHermann Boerhaave(1668‐1738)である。18世紀末にはルエルHilaire Marin Rouelleは,尿素が窒素を多く含み,食物代謝の最終産物ではないかと述べた。…

※「ブールハーフェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブールハーフェの関連キーワードハラー(Albrecht von Haller)ホフマン(Friedrich Hoffmann)マロリー・ワイス症候群ファン・スイーテンゼンメリンク12月31日ラ・メトリーラ・メトリシュタールデ・ハエンモンローブラント坪井信道

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android