コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブールバール劇 ブールバールゲキ

デジタル大辞泉の解説

ブールバール‐げき【ブールバール劇】

《〈フランス〉théâtres du boulevard》フランスの大衆向け娯楽劇、商業演劇。パリの盛り場ブールバール大通りに由来。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブールバール劇【ブールバールげき】

パリの繁華街グラン・ブールバールGrands Boulevardsに数多くある商業劇場で上演された娯楽劇。転じて,肩のこらない,軽妙な風俗劇をいう。→メロドラマボードビル
→関連項目ギトリー[父子]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブールバールげき【ブールバール劇 théâtre du boulevard】

パリのいわゆるグラン・ブールバール(バスティーユ広場からマドレーヌ広場に至る大通り)沿いの劇場で生産される商業演劇。18世紀から19世紀前半までは,バスティーユ近くのタンプル街道に栄えた犯罪メロドラマがブールバール劇と呼ばれていた。それは流行歌や踊り,曲芸や殺しの場面などをふんだんに盛り込んだ下町の娯楽劇で,この種の台本を100編以上も書いたピクセレクールは〈ブールバールのコルネイユ〉と呼ばれたほどの流行作家であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブールバール劇
ぶーるばーるげき
thtre de boulevard

フランスの通俗喜劇の呼称。ブールバールは大通りを意味する普通名詞であるが、多くの変遷を経て今日では、パリのいわゆるグラン・ブールバール周辺の商業劇場で上演される大衆向けの通俗的な演劇をさすようになった。
 18世紀末にタンプル大通り周辺にゲテ座、アンビギュ・コミック座、ポルト・サン・マルタン座など多くの劇場が誕生した。これらの劇場では19世紀前半、ドビュローのパントマイム、綱渡りなどの曲芸、道化芸が演じられ、さらにピクセレクールらの書くメロドラマが上演されて民衆は熱狂していた。メロドラマは、薄幸の美女が悪漢の餌食(えじき)とされ、波瀾万丈(はらんばんじょう)のすえに奇跡的に救われるという調子の通俗劇であった。劇中の死者が多いので「犯罪大通り(ブールバール・デュ・クリム)」の別名も生まれた。その後、19世紀後半のスクリーブらの「うまくできた芝居(ピエス・ビアン・フェット)」やラビッシュの軽喜劇を経て、1900年前後にフェードーやサッシャ・ギトリらがバリエテ座などに拠(よ)り、現在のブールバール劇の概念を確立した。これにはコクラン、レジャーヌら名優の力も大きい。多くは夫と妻と愛人という三角関係の織り成す風俗喜劇で、客を楽しませることを第一目的とし、文学性が希薄で偶然によってドラマが進行し、解決が安易な点は先行のメロドラマと共通であるが、機知と色気に富む洗練された台詞(せりふ)や演技、しゃれた衣装などで観客を魅了する点に特色がある。中流階級のモラルを皮肉りはするが、正面切って批判はせず、気軽に楽しめる芝居として定着し、国立劇場系の文学的演劇や前衛劇に対し、きわめてフランス的なジャンルの一つとなった。こうして1930年ころまで隆盛をきわめたが、時代とともに変化を余儀なくされ、苦味や皮肉も混じってきた。単なる茶番に陥る危険がある一方、風刺と詩情によって文学性を帯びる可能性も高い。ブールデ、パニョルなどはその両面を備えていた。アシャール、ルッサン、アヌイ、サガンらは文学的なブールバールとされる。客室乗務員をテーマにした『ボーイング・ボーイング』(1960)で当たりをとったマルク・カモレッティMarc Camoletti(1923―2003)や女性劇作家のフランソアーズ・ドランFranoise Dorin(1928― )の書く繊細で知的なブールバール劇も人気を博した。概してブールバール劇は私生活の面でしか人間を描かないので深みはなく、単なることば遊びや風俗描写の面白さだけに堕すことが多い。[岩瀬 孝・伊藤 洋]
『『現代世界戯曲選集7』(1954・白水社) ▽『現代フランス戯曲選集』全3巻(1960~61・白水社) ▽『今日のフランス演劇3』(1966・白水社) ▽『パリ・ブールヴァール傑作集』(1979・劇書房) ▽J=M・トマソー著、中条忍訳『メロドラマ――フランスの大衆文化』(1991・晶文社) ▽F・ドラン、F・サガン他著、柴田耕太郎訳『現代フランス演劇傑作選』(2001・演劇出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のブールバール劇の言及

【喜劇】より

…また,ロマン派の喜劇では世界苦の時代を背景に個人の複雑な心理を描くA.ミュッセの喜劇は,悲劇的な色合いをもつユニークなものである。19世紀後半は商業演劇が隆盛をきわめた時代であり,娯楽的な写実劇,サロン喜劇,会話喜劇,陰謀喜劇などがウェルメード・プレーの技法によって数多く生産されたが,その最も典型的なのはブールバール劇であろう。パリの演劇通りにちなんで名づけられたこのジャンルは,フランス作家の独壇場で,世紀末から20世紀の初頭にE.ラビッシュ,G.フェードー,A.ルッサンなどが出た。…

※「ブールバール劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブールバール劇の関連キーワードベルナール(Jeanマルソー(Félicien Marceau)ヌブー(Georges Neveux)マルセル アシャールジョルジュ ヌヴーギトリ(父子)ルメートルビトラックマリニー座フェドーフレネーコクランエーメ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android