コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プエブロ族 プエブロぞくPueblo Indians

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プエブロ族
プエブロぞく
Pueblo Indians

アメリカ合衆国の南西部,主としてアリゾナ州北東部とニューメキシコ州で,プエブロと呼ばれる小集落を形成し定住しているアメリカインディアンの総称。現在のプエブロ族は東プエブロと西プエブロに分かれ,西は北アリゾナのホピ族ズニ族アコマ族,ラクチ族を含む。東はリオグランデ川沿いの全プエブロを含む。農耕民族で,ワタ,トウモロコシ,ダイズ,カボチャを栽培し,織物,籠細工,陶芸などに優れ,特に黒色土器が有名。複雑な宗教組織をもち,角あるいは翼のあるヘビ信仰や仮面をつけて踊る祈祷の儀礼などは,南方から伝えられたと考えられる。西プエブロの社会は妻方居住婚を基本とし,特定の氏族による秘密結社が儀礼を行なった。一方東プエブロでは双分組織によって行事や儀礼が行なわれた。何千年も前から狩猟採集生活を営んでいたが,16世紀末にスペイン人が侵入する以前は金属類,車両を知らず,家畜もイヌ,シチメンチョウ以外はもたなかった。他民族の侵略やスペイン文化,キリスト教の影響などにもかかわらず,伝統的な慣習を保っている。1987年プエブロ族の遺跡を含む,チャコ文化国立歴史公園(→プエブロ・ボニート遺跡)とアステカ遺跡国定記念物が,1992年にはニューメキシコ州タオスの居住地が世界遺産の文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プエブロぞく【プエブロ族 Pueblo】

北アメリカ南西部,現在のアメリカ合衆国アリゾナ州北東部とニューメキシコ州北西部に居住し,定着農耕を営んできたアメリカ・インディアンの総称。アドベ(日乾煉瓦)ないし石造の恒久的な集合住宅に住んでいたため,スペイン語で〈集落〉を意味するプエブロの名で呼ばれることになった。 プエブロ族は言語学的には多様である。ニューメキシコ州のリオ・グランデ川流域にはタノ語系の言語(さらにティワ,テワ,トワに細分される)を話すタオス,サン・フアン,ヘメスなどが,同州西部にはケレス系言語を話すアコマ,およびズニ系言語を話すズニなどが,またアリゾナ州北東部にはショショニ系言語を話すホピが,それぞれ集落を形成している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のプエブロ族の言及

【アメリカ・インディアン】より

…プエブロ諸族,アサパスカン系諸族,ピマ族,パパゴ族などがおもな原住民である。リオ・グランデ川上流域やアリゾナ州北東部に住むプエブロ族はオアシス的村落農耕民であった。農耕の対象はトウモロコシ,カボチャ,マメを中心とする新大陸の基本的な作物で,農耕地は山麓や扇状地に天水を利用する形式のものと,水路による灌漑が行われたものとがあった。…

【雲】より

…後にそれをギリシアに取り戻す目的でアルゴ船の遠征が(アルゴナウタイ伝説)おこなわれるこの〈金の羊毛皮(金羊毛)〉には,雲と結びついた王権のしるしであるという点で,アイギスと共通した意味が認められる。 北アメリカの原住民のプエブロ族は,雲を死者の霊と見なして〈雲の人々〉シワンナと呼び,神話の中で活躍するカチナと呼ばれる祖先たちとも同一視している。【吉田 敦彦】 インドネシアのチモール島のアトニ族の社会では,雨季の訪れがおそいときには一匹の黒い色の動物を供犠してきた。…

【住居】より

…接触の密な2民族の間でも,住居はおのおのの伝統型が守り続けられる。アメリカ・インディアンのナバホ族とプエブロ族のケースはその有名な例であり,ロングハウスの卓越するボルネオでも,民族ごとにロングハウスの形態が異なり,しかも変化しない。また政府主導の計画村にさまざまな民族が混住することになったときも,皆それぞれに民族が伝統としてきた住居をつくって住み始めるのである。…

【プエブロ文化】より

…北アメリカ南西部の北部高原地帯に発展したアメリカ・インディアン(プエブロ族)の先史文化。アナサジ文化後半期に比定され,バスケット・メーカー文化に次ぎ,スペイン人による植民当時まで継続した。…

【文化】より

…その結果ヤキ族の土着信仰はカトリックと融合して独特の展開をみた。ところが,同じ北米インディアンのプエブロ族にやってきたスペインのカトリック神父たちはスペイン軍人を伴い,プエブロ族の伝統的宗教を禁じ,プエブロ族が宗教儀礼に使う神聖な場所をこわし,祭りの道具や仮面を燃やした。また,禁令に反して伝統の宗教儀礼を行った者を鞭で打ったり,絞刑に処した。…

※「プエブロ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プエブロ族の関連キーワード北アメリカインディアンメーサバード国立公園プエブロ・デ・タオスプエブロ文化ナバホ族ソコロ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android