コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プエルト・カベヨ プエルトカベヨ

百科事典マイペディアの解説

プエルト・カベヨ

ベネズエラ北部,カリブ海岸の港湾都市カラカスの西130kmにある同国第2の重要港。造船,自動車組立て,石油化学などの工業が行われる。植民地時代はカルタヘナとともにカリブ海岸の重要港であった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プエルト・カベヨ
ぷえるとかべよ
Puerto Cabello

南アメリカ北部、ベネズエラ北部のカリブ海に面する都市。バレンシアをはじめマラカイ、バルキシメトなど内陸の工業都市の外港をなすベネズエラ第二の港湾都市である。人口16万9959(2000)。メリダ山脈南東麓(ろく)のバリナス地方の油田からパイプラインで送られる原油を、国内向けに精製する精油所がある。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

プエルト・カベヨの関連キーワードカルタヘナ(コロンビア)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android