プテラノドン(英語表記)Pteranodon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プテラノドン
Pteranodon

爬虫類翼竜目の飛翔動物。化石はアメリカ合衆国カンザス州の上部白亜系産。裸皮で,鱗も羽もない。頭蓋後部の長い鶏冠が特徴的なプテラノドン・インゲンスは翼長 7m,頭蓋後部の高くそびえる鶏冠が特徴的なプテラノドン・ステルンベルギは翼長 9mに及ぶ。ともに海岸の崖で営巣し,魚を捕食していたと考えられる。翼の骨は中空で軽く,プテラノドン・インゲンスで体重 17kgと推測されている。(→翼竜類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プテラノドン(〈ラテン〉Pteranodon)

中生代白亜紀後期に栄えた翼竜。翼を広げると6~8メートルにもなる。頭骨は細長く、顎(あご)がくちばし状に突出し、後部も著しく伸び、歯も尾もない。翼は前肢の第4指によって支えられた皮膜。テラノドン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

プテラノドン

白亜紀後期の翼竜。代表的な翼指竜。開張は8mで,かつては最大の飛翔生物とされたが,その後,開張12mに及ぶケツァルコアトルスが発見された。大きな頭と小さな体をもち,翼は鳥やコウモリと違い,前肢の第4指によって支持された皮膜であった。歯はなく,長いくちばしをもち,おそらく現生のアホウドリのように外洋上を滑空しながら海面近くの魚を捕らえたと考えられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プテラノドン【Pteranodon】

中生代ジュラ紀の初めから白亜紀の終りにかけて栄えた飛行性の爬虫類で,翼竜目の1属(イラスト)。進歩した翼竜類の翼指竜亜目Pterodactyloideaに属し,白亜紀の後半に出現した,最後の翼竜ともいえる。アメリカのカンザス州の化石は有名で,翼幅7m以上で,超大型翼竜に属する。胴体はその割に小さい。歯はなく,顎骨はくちばし状に長く,頭骨の後部も同様に後方へ伸びている。頭骨全長は脊椎骨の全長より長い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

プテラノドン【Pteranodon】

中生代白亜紀に栄えた嘴口しこう竜の一種。コウモリに似た飛膜を有し、翼を広げるとさしわたし6~8メートルにもなる。頭骨は細長く、頭蓋後部が極端にのびている。魚類を捕食していたらしい。 → 翼竜

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プテラノドンの関連情報