コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラハ学派 プラハがくは Prague school

3件 の用語解説(プラハ学派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラハ学派
プラハがくは
Prague school

1926年にチェコスロバキアのプラハに創立されたプラハ言語学会を中心とする言語学の一学派。この学会の中心になったのは,R.ヤコブソン,N.トルベツコイ,S.カルツェフスキー,V.マテジウス,B.トルンカ,B.ハブラーネクらで,29年に紀要『プラハ言語学会報』 Travaux du Cercle Linguistique de Prague (1939年まで。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

プラハがくは【プラハ学派】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラハ学派
ぷらはがくは

1926年マテジウスV. Mathesiusが結成した学者集団を母体とする言語学派。39年のナチス侵攻で活動を抑圧されるまでを古典期とし、チェコおよび周辺諸国の学者が定期的に会合、研究討論を重ね、機関誌『プラハ言語学団論集』Travaux du Cercle Linguistique de Pragueおよび『言葉と文学』Slovo a slovesnostを発行、内外に影響を与えた。トルベツコーイとヤーコブソンの業績がとくに有名である。第二次世界大戦後、新時代に入り、64年に『プラハ言語学論集』Travaux Linguistiques de Pragueを創刊、現在に至る。この学派の基本的特色は、言語を機能的観点から構造的に分析するいわゆる機能主義であり、言語のもつ潜在的性質や言語外の現実との関係を重視するが、ソシュールの学説などと並び構造言語学の一派とされる。音韻論のほか言語の通時的、共時的様態の広範囲に及ぶ優れた研究があり、近来マテジウスとムカジョフスキーJ.Mukaovskが高く評価され、言語学、文芸学の諸分野、とくに統語論、文体論で注目されている。現在バヘクJ.Vachek、ダネシュF.Dane.、フィルバスJ.Firbas、ズガルP.Sgallらが伝統を継いで活躍中である。[飯島 周]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラハ学派の関連キーワードシュテファーニクスロバキアチェコチェコスロバキアモラバチェコスロバキア解体チェコスロバキア共産党チェコスロバキアン・ウルフドッグチェコスロバキア映画チェコスロバキア事件

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone