コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラントル プラントル Prandtl, Ludwig

5件 の用語解説(プラントルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラントル
プラントル
Prandtl, Ludwig

[生]1875.2.4. フライシンク
[没]1953.8.15. ゲッティンゲン
ドイツの応用物理学者ミュンヘン大学に学び,ハノーバー大学教授 (1901) ,ゲッティンゲン大学教授 (04~53) 。 1907年ゲッティンゲン大学に主として飛行船の空気力学的研究のための風洞を備えたモデル研究所 (現マックス・プランク流体研究所) が設置され,以後その所長として空気力学,航空工学の研究・教育に専念した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

プラントル

ドイツの応用力学者。ミュンヘン大学卒,ハノーファー工科大学,ゲッティンゲン大学各教授を経て,1925年カイザーウィルヘルム流体研究所創設以来その所長。境界層の理論を創始(1904年)して現代流体力学の基礎を,翼理論を展開して航空力学の基礎を築いた。
→関連項目カルマン流体力学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

プラントル【Ludwig Prandtl】

1875‐1953
ドイツの応用力学者。ミュンヘン工科大学に学び,ハノーファー大学教授を経て1904年ゲッティンゲン大学の教授となり,25年からはカイザー・ウィルヘルム流体研究所長を務めた。彼は早くから本格的な風胴をもつ実験室を設置して,飛行船のモデル実験を行ったり,球や円筒の牽引(けんいん)を研究し,臨界レーノルズ数と関連する乱流の重要性をいちはやく認めたほか,限定された長さをもつ翼のふるまいや,複葉機の2枚の翼の干渉,翼と尾翼との干渉などの翼理論の研究を行い,航空力学の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

プラントル【Ludwig Prandtl】

1875~1953) ドイツの物理学者。航空学の父。1908年風洞を建設し、飛行機主翼の縦横比補正理論や球の抵抗の研究、境界層の研究など近代空気力学の基礎を確立した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラントル
ぷらんとる
Ludwig Prandtl
(1875―1953)

ドイツの空気力学者。バイエルン生まれる。ミュンヘン工科大学を卒業して、ハノーバー工科大学、ゲッティンゲン大学の教授を歴任、1925年カイザー・ウィルヘルム流体研究所(現、マックス・プランク研究所)を創立して所長を務め、1946年退任した。ゲッティンゲン大学在任中に風胴を建設して実験を行い、有限翼幅主翼の補正理論や、球の空気抵抗変化の研究を完成した。1904年の境界層理論は、空気(一般の流体も)が物質と接する境界に薄い空気の層ができて、これが物体の空気抵抗を発生させることを提唱したもので、理想流体では抵抗がゼロになるというこれまでのダランベールの原理を打破した。また、第一次世界大戦のドイツ軍用機用翼型を研究し厚翼の実用性を発見した。これらのきわめて実用性のある研究により、空気力学の父といわれている。[佐貫亦男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプラントルの言及

【境界層】より

…また完全流体では,その中を一定速度で進行する物体に働く抵抗が0になるというダランベールのパラドックスを生ずる。境界層という考え方は,これらの矛盾を救済するためにL.プラントルによって1904年に導入されたもので,近代流体力学の基礎を作った。
[境界層理論]
 いま無限に広い静止平板の外側の流体が,一定速度Uで壁に平行に動き始めたとしよう。…

【高速気流】より

…これは現在,ランキン=ユゴニオの関係式として知られている。1907年にはドイツのL.プラントルらが物体の角をまわる超音速流の膨張に関して理論を展開した。その後,高速気流の研究は主として航空機の高速化と密接な関係のもとに発展し,35年には翼の臨界マッハ数を高める方法として後退角をつけることが提案されたのをはじめ,52年,遷音速における断面積の法則の発見など,多くの成果が得られている。…

※「プラントル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プラントルの関連キーワードコッセルシュタルクデバイメスバウアーリンデニューミュンヘンミュンヘン・バッハ管弦楽団ミュンヘンマラソンミュンヘンビールフィンスターワルダー

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プラントルの関連情報