コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリチャード プリチャード Prichard, Harold Arthur

4件 の用語解説(プリチャードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリチャード
プリチャード
Prichard, Harold Arthur

[生]1871.10.3. ロンドン
[没]1947.12.29. オックスフォード
イギリスの哲学者,オックスフォード大学道徳学教授。道徳律を規定するものを直観とみなし,また道徳的価値判断は直観によってのみ可能であると説く「オックスフォード直観主義」の代表的哲学者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

プリチャード
プリチャード
Prichard, Katherine Susannah

[生]1883.12.4. フィジー諸島,レブカ
[没]1969.10.2. パース
オーストラリア女流作家メルボルン,ロンドンでジャーナリストとして出発,流刑囚を扱った小説『開拓者』 Pioneers (1915) が出世作。 1919年西オーストラリアに定住して以来共産党を支持しつつ,『使役牛』 Working Bullocks (26) ,『クーナドゥ』 Coonardo (29) などの長編を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

プリチャード
プリチャード
Prichard

アメリカ合衆国,アラバマ州南西部モビール北郊の工場地帯にある都市。 19世紀末にできた町で,当時は野菜の促成栽培で繁栄した。現在は造船,レーヨンなどを含む各種の工業が発達。人口3万 4311 (1990) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリチャード
ぷりちゃーど
Katharine Susannah Prichard
(1883―1969)

オーストラリアの女性作家。本名ユーゴ・スロッセル夫人Mrs. Hugo Throssell。フィジー島生まれ。オーストラリア移住前の1886年新聞記者の父T・H・プリチャード一時期タスマニアに住む。11歳で短編小説を発表、以来最後の長編『かすかな焔(ほのお)』(1967)まで、終始労働者を題材に社会意識に基づくリアリストの手法で、数多くの長・短編小説を書いた。1912~16年新聞記者としてロンドンに滞在中、『開拓者たち』(1915)がイギリスの出版社の植民地部門文学賞を受賞。帰国後19年、スロッセル大尉と結婚。ウェスタン・オーストラリアに住み、長編『ブラック・オパール』(1921)、『雄牛のように働くきこりたち』(1926)、『クーナードゥ』(1929)、『ハックスビーのサーカス』(1930)、『身近な他人』(1937)、金鉱の三部作『怒濤(どとう)の1890年代』(1946)、『ゴールデン・マイル金鉱地帯』(1948)、『翼のある種子』(1950)など、世界十数か国語に翻訳された名作を相次いで発表したが、なかでも『ブリティン』誌賞を受けた『クーナードゥ』は、この国の作家で初めて先住民を女主人公とした作品である。ほかに紀行『ロシアの真相』(1934)、マルクス評伝、自叙伝、戯曲などがある。[平松幹夫・古宇田敦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プリチャードの関連キーワードフィジーマレー諸島フィジオロジーイサレイ 〜フィジーの別れのうた〜フィジーウォーターフィジーバスディジー・ミス・リジートンガタプ[島]ロトゥマ[島]フィジー[諸島]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プリチャードの関連情報