コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルーデンス政策 プルーデンスセイサク

2件 の用語解説(プルーデンス政策の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プルーデンス‐せいさく【プルーデンス政策】

信用秩序の維持を目的として、金融機関の破綻防止、金融システムの健全性・安全性の維持を図るための政策の総称。マクロプルーデンス政策ミクロプルーデンス政策がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プルーデンス政策
ぷるーでんすせいさく
prudence policyprudential policy

金融恐慌やバブル経済崩壊などを防ぎ、金融システムを安定化させるための政策の総称。金融機関への公的資金(税金)投入、中央銀行による最後の貸し手機能(ラストリゾート、lender of last resort)、預金保険制度自己資本比率を規制するバーゼル合意、個別金融機関への監督・検査実施などが該当する。各国の政府と中央銀行が連携して実施するという特徴がある。プルーデンスprudenceには「慎重さ」「用心深さ」という意味があり、世界経済に深刻な影響をもたらす経済・金融危機を防止するという意味で使われる。「信用秩序維持策」ともよばれる。
 プルーデンス政策はミクロ・プルーデンス政策とマクロ・プルーデンス政策に分けられる。ミクロ・プルーデンス政策は個々の金融機関の経営を監督・検査して破綻(はたん)を未然に防ぐ措置であり、日本では金融庁の検査や日本銀行の考査が該当する。マクロ・プルーデンス政策は金融機関がドミノ倒しのように次々と破綻するリスクを防ぐ措置で、バーゼル合意、預金保険制度などが該当する。プルーデンス政策はまた事前的措置と事後的措置にも分けられる。事前的措置としては、金融機関の経営健全性を確保するための自己資本比率規制、金融機関の検査、大口融資規制、不動産投資規制などである。事後的措置は金融機関の破綻時に預金者や取引先に安心感を与え取付け騒ぎを防止する措置で、預金保険制度などのセーフティネット政策や、金融機関への救済措置(特別融資)などがある。ただし、行き過ぎた事後的措置は、金融機関や金融機関経営者のモラルハザードを招く恐れがある。2008年のリーマン・ショックを機に、国際的にマクロ・プルーデンス政策重視が大きな潮流となっており、欧米主要国はその研究や強化に取り組んでいる。アメリカは金融安定監督協議会(FSOC:Financial Stability Oversight Council)、イギリスは金融監督委員会(FPC:Financial Policy Committee)、ヨーロッパ連合(EU)はシステミック・リスク理事会(ESRB:European Systemic Risk Board)をそれぞれ設け、政府と中央銀行が協力して金融システムに潜むリスクを監視し、リスクが顕在化したらすぐさま対応する態勢を整えている。これに対し日本では、日本銀行による取組みに限定されており、欧米に比べマクロ・プルーデンス政策の整備が遅れているとの指摘がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プルーデンス政策の関連キーワード預金保険共同債権買取機構日銀考査決済用預金信用機関信用供与金融不安財金分離プルーデンス政策(prudential policy)漁業信用基金協会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プルーデンス政策の関連情報