コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロイセン憲法紛争 プロイセンけんぽうふんそう Preussischer Verfassungskonflikt

2件 の用語解説(プロイセン憲法紛争の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プロイセンけんぽうふんそう【プロイセン憲法紛争 Preussischer Verfassungskonflikt】

1860年プロイセン政府は,3年現役制の実施をふくむ軍備増強・軍制改革案を提示した。当時,下院の多数派であった自由主義者たちはこれに反対し,政府と下院の激しい対立へと発展した。その背景には国王に直属し議会から完全に独立した軍隊か,議会の統制下(とくに軍事予算の決定権を議会のもとにおく)の軍隊か,という対立があった。このことはプロイセン憲法体制の性格とあり方をめぐる対立へと発展した。さらに自由主義者左派グループによるドイツ進歩党Fortschrittsparteiの結成(1861)とビスマルクの首相就任(1862)は,下院と政府の対立をいっそう激化させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロイセン憲法紛争
ぷろいせんけんぽうふんそう
Verfassungskonfliktドイツ語

プロイセンの軍制改革をめぐり、政府と下院との間に起こった政治上の争い。1860年陸相ローンは軍備増強のため軍制改革案を下院に上程した。議会多数派はこれに反対、予算審議権を盾に、軍隊に対する議会の発言権を強めようとした。王と政府は61、62年相次ぐ議会の解散により反対派を抑えようとしたが、選挙ごとに反対派が躍進、政府は窮地に陥った。62年9月、ローンの推薦でビスマルクが首相に就任。以後彼は「鉄血政策」をもって議会の反対を抑え、軍備増強を強行した。66年、プロイセン・オーストリア戦争の勝利後、ビスマルクは「事後承諾法案」を下院に上程、この紛争を形式的譲歩によって王権に有利に終わらせた。[木谷 勤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロイセン憲法紛争の関連キーワード北ドイツ連邦七年戦争ドイツ帝国普墺戦争プロイセン医専鉄十字勲章兵役制度赤星研造ガルトネル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone