プーリア(読み)ぷーりあ(英語表記)Puglia

日本大百科全書(ニッポニカ)「プーリア」の解説

プーリア
ぷーりあ
Puglia

イタリア南部の州。面積1万9347平方キロメートル、人口398万3487(2001国勢調査速報値)。英語名アプーリアApulia。バリ、レッチェフォッジアタラントブリンディジの5県からなる。州都はバリ。石灰岩状のガルガーノ山地、広大な穀倉平野タボリエーレ、長さ約150キロメートル、幅約50キロメートルに及ぶ石灰岩台地ムルジェ、メッサピカ平野、サレンティーナ半島の先端部をなすムルジェ・サレンティーネの五つの地域からなる。降水量は少なく、夏は著しく乾燥する。農産物ではオリーブ、アーモンド、チョウセンアザミサラダナ、ブドウなどが重要である。第二次世界大戦後の南部開発政策の成果として、タラント(製鉄業)、ブリンディジ(石油化学)、バリ(機械、石油化学ほか)の3都市は、イタリア有数の近代的工業地帯となった。ただ前二者についていえば、資本集約的な重化学工業に集中したため、周辺地域への経済的波及効果はかならずしも十分なものではない。

[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android