コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘパトーマ hepatoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘパトーマ
hepatoma

ヘパトームともいう。肝腫,肝癌肝臓に原発する癌のうち,肝細胞に由来するもので,山極勝三郎の命名による。組織構造は肝実質の構造に似ており,基質は血液を満たした血液腔となっている。肝硬変を起している肝臓に発生することが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘパトーマ

肝細胞癌ともいう。肝臓に原発する癌腫(がんしゅ)のうち肝細胞に由来するもの。若年者はヘパトーマで初発することが多いが,高年者では肝硬変の基礎の上に発するものが多い。治療は外科的切除が第一で,ほかに肝動脈を閉塞させて癌細胞に栄養と酸素がいかないようにする塞栓(そくせん)療法も有効。→肝癌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘパトーマ
へぱとーま
Hepatomドイツ語
hepatoma英語

原発性肝癌(がん)のうち、肝細胞に由来する癌のことで、1911年(明治44)山極(やまぎわ)勝三郎により、胆管上皮由来の癌であるコランジオーマcholangiomaとともに命名され、一般化した。肝細胞に似た細胞からなる上皮性悪性腫瘍(しゅよう)で、肝硬変が併存することが多い。進行すると肝内に種々の大きさの腫瘤(しゅりゅう)を形成し、出血、変性、壊死(えし)をきたす傾向が強い。肉眼的外観は結節型、塊状型、びまん型に分類され、割面の色調は白色、黄色、暗赤色、緑色など多彩である。組織学的には索状型、偽腺管(ぎせんかん)型、充実型、硬化型に分類され、肉眼的に単一な腫瘍でも、組織像は多彩であることが多い。[菅原克彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヘパトーマの言及

【肝臓癌】より

…また,特殊な原発性悪性腫瘍として乳幼児にみられる肝細胞芽腫hepatoblastomaがある。
[肝細胞癌]
 従来,ヘパトーマhepatomaといわれていたもので,肝臓癌の大半はこれに属する。癌組織は肝細胞に類似する腫瘍細胞から構成され,肝硬変に合併することが多い。…

※「ヘパトーマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘパトーマの関連キーワードトキソホルモン転移(腫瘍)前癌状態肝臓癌腫瘍

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android