コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘブライ文字 ヘブライもじHebrew alphabet

6件 の用語解説(ヘブライ文字の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘブライ文字
ヘブライもじ
Hebrew alphabet

ヘブライ語の表記に用いられる文字。前6世紀頃までのものを初期ヘブライ文字といい,フェニキア文字に近い。アラム文字の系統をひいて前2~1世紀に成立したものを角型ヘブライ文字といい,現在用いられているのもこれから発展したものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヘブライ‐もじ【ヘブライ文字】

アラム文字から漸次変化した文字で、現在の標準書体は1世紀末に確立したと推定されている。字母の数は22個で、1字が1子音を表すが、そのうちの4字は母音を表す場合もある。大文字小文字の区別はなく、右から左横書きにする。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヘブライ文字【ヘブライもじ】

ヘブライ語を表記する文字。フェニキア文字と同系。22の子音字からなり,右から左へ横書き。前1400年ごろヘブライ人カナンの地に入ってから作られた。ヘブライ語が宗教語となってから,母音記号ができて子音に付加されるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘブライもじ【ヘブライ文字】

古代イスラエル人は,前2千年紀のカナン侵入後,そこで既に用いられていた北西セム文字(一般には〈フェニキア文字〉として知られる文字体系。〈アルファベット〉の項を参照)を借用して,自分たちの言葉すなわちヘブライ語を書き記したと考えられ,前10~前6世紀の碑文などはすべてこれで書かれている。この北西セム文字(ヘブライ語が書かれている場合は古ヘブライ文字)から,いわゆるヘブライ文字として知られる方形の文字への変形は,前5~前4世紀の帝国アラム語の資料において既に始まっており,前1世紀ころの死海写本ではほぼ完成した字体が見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヘブライもじ【ヘブライ文字】

アラム文字から分岐発展して、紀元前二世紀頃に成立した音素文字。ただし、母音字を表記しないので音節文字とする見方もある。字数は二二。右から左への横書き。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘブライ文字
へぶらいもじ

紀元前一千年紀パレスチナのイスラエル人ないしユダヤ教徒は、自分たちの言語たるヘブライ語ないしアラム語を、当時の東地中海世界共通の文字体系であったいわゆるフェニキア文字(厳密には北西セム文字)を用いて表記した。現在のいわゆるヘブライ文字は、このユダヤ人アラム語の段階でフェニキア文字(=古アラム文字)から漸次変化したもので、現在の標準書体たる「方形文字」は、紀元後1世紀末にユダヤ教学者の間で確立されたと推定される。字母の数は22個で、1字が1子音を表すが、,hwyの四字は母音を表す場合もある。大文字と小文字の区別はなく、単語ごとに分かち書きされるが、現代の筆記体以外では、アラビア文字のように字と字を続けて書くことはない。各字母はまた数字としての値ももっている。中世以降のヘブライ語聖書本文につけられて母音・アクセントなどを表すいわゆるマソラ(=伝承)符号は、ユダヤ教伝承学者の手になるもので、10世紀に完成した「ティベリア式」母音符号は、必要に応じて現代ヘブライ語の表記にも適用される。[松田伊作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone