コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘラサギ Platalea leucorodia; Eurasian spoonbill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘラサギ
Platalea leucorodia; Eurasian spoonbill

ペリカン目トキ科。全長 86cm。全身白色で,と脚は黒い。繁殖期には冠羽(→羽冠)を生じ,頸の下部が黄色を帯びる。嘴は平たく,先がふくらんでしゃもじのような形をしている。この奇妙な嘴を半開きにしたままほとんど垂直に水中に入れ,左右に振って間に入った水生昆虫類,小型のエビや貝類,小魚類などをくわえとって食べる。繁殖地はユーラシア大陸の中部やアフリカ東北端,インドのほか,ヨーロッパ南部に点在する。北部で繁殖する鳥はアフリカ中北部やインド,中国南部に渡って越冬する。湿地や湖畔の林の樹上,またところによってはアシ原の地上に集団で営巣する。冬季も群れをなして生活し,日本にはまれに冬鳥(→渡り鳥)として渡来する。ヘラサギ類は世界に 6種が分布し,日本にはクロツラヘラサギも少数ながら冬季渡来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘラサギ

トキ科の鳥。翼長38cm。サギに似るがしゃもじ形のくちばしが特徴。白色で頸の下部は黄褐色を帯びる。ユーラシアの中部などで繁殖。日本へは冬鳥としてまれに渡来する。
→関連項目与那覇湾

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘラサギ
へらさぎ / 篦鷺
spoonbill

広義には鳥綱コウノトリ目トキ科ヘラサギ亜科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この亜科はヘラサギ属Plataleaの5種からなり、旧世界の大部分と熱帯アメリカに広く分布している。いずれも名の由来であるへら状の嘴(くちばし)をもち、4種は白色の渉禽(しょうきん)であるが、熱帯アメリカに分布するベニヘラサギP. ajajaは全身桃赤色の美しい鳥である。日本には種のヘラサギのほかに、クロツラヘラサギP. minorがまれな冬鳥として渡来する。
 種としてのヘラサギP. leucorodiaは全長約86センチメートル。全身白色で、雌雄は同色、生殖羽では後頭に冠羽があり、上胸が淡黄色を帯びている。嘴は汚れた黄色、足は黒い。ヨーロッパから沿海州およびインドにかけて分布する。一般に留鳥であるが、温帯で繁殖するものは、冬期はアフリカ、インド、中国南部に渡る。日本には冬鳥としておもに九州に渡来するが、数は少ない。越冬地では水田、湿地、干潟などにすみ、水生昆虫、小魚、小形の甲殻類や貝類などを食べている。少なくとも冬期には、鳴くことはほとんどない。繁殖は群集して行い、多くの場合サギ類の集団といっしょになって水辺の樹上に営巣する。しかし、ヨーロッパでは葦原(あしはら)の地上に営巣することが多い。1腹の卵は普通4個、抱卵期間は約21日である。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヘラサギの関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地エヴァグレーズ国立公園サンタローザ国立公園重富干潟海域公園地区オヴスモモイロヘラサギヘラサギ(篦鷺)クマナ国立公園ベニヘラサギ荒尾干潟豊見城市メイメイ篦鷺国鳥漫湖

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android