コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与那覇湾 よなはわん

3件 の用語解説(与那覇湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

与那覇湾
よなはわん

沖縄県西部,宮古島南西部の東シナ海に臨む湾。宮古島市に属する。水深が非常に浅く,干潮時には広大な干潟となる。リュウキュウスガモなどの海草藻場が広がり,シギチドリ類やクロツラヘラサギなど数多くの渡り鳥が飛来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よなは‐わん【与那覇湾】

沖縄県、宮古島の南西にある湾。湾内は干潟になっており、シギ・チドリなどの渡り鳥が多く飛来する。面積約0.7平方キロメートル。平成24年(2012ラムサール条約に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

与那覇湾【よなはわん】

宮古島の南西に入り込む湾。干満差が2m以上もあり,潮が引くと湾全体に干潟が出現する。西側には藻場が発達し,クロツラヘラサギツクシガモなど絶滅が危惧される種を含む多くの水鳥が憩う姿を見ることができる。
→関連項目ラムサール条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

与那覇湾の関連情報