コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンシュ ヘンシュ Hänsch Theodor W.

2件 の用語解説(ヘンシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンシュ
ヘンシュ
Hänsch Theodor W.

[生]1941.10.30. ハイデルベルク
ドイツ物理学者。 1969年ハイデルベルク大学で博士号を取得,1970年にスタンフォード大学アーサー・L.ショーローのもとで水素原子の精密分光学の研究を始めた。 1986年ミュンヘン大学教授,マックス・プランク量子光学研究所所長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘンシュ
へんしゅ
Theodor W. Hnsch
(1941― )

ドイツの物理学者。ハイデルベルク大学卒業、同大で物理学博士号取得。マックス・プランク量子光学研究所長。2005年、「レーザーによる高精度分光学の発展への貢献」により、ホールとともにノーベル物理学賞を受賞した。「光干渉性の量子理論への貢献」が認められたグラウバーも同時受賞した。
 光は波なのか粒子なのかという問題について、20世紀初頭から物理学界は論争を繰り返していたが、アインシュタインは、光は電子と同じ粒子であり、しかも波でもあるという新しい説を示した。この波動と粒子の二重性によって量子力学が誕生した。1960年に開発されたレーザー光は、振動数が光に近い周波数であり、短波長で位相のそろった光である。レーザーを利用して原子や分子を計測したり、きわめて短い時間の測定ができるようになった。しかしレーザーにはわずかな揺らぎがあるので、超精密な測定では誤差を生んでしまう。グラウバーは量子力学を基礎にして、揺らぎも含めたレーザーの基本的な性質を科学理論として説明することに成功し、量子光学という新しい学問を創設した。
 ヘンシュとホールは、グラウバーが築いたこの基礎理論をもとに、揺らぎの少ないレーザーに特殊な処理を行って、さまざまな周波数のレーザーをつくった。とくに周波数ごとに等間隔で櫛(くし)状に並べる「光周波数コム(光コム)技術」をつくり、レーザーの周波数を高精度に測定できる手法を開発した。この開発によって、性質のよくわかっているレーザーを基準にして、わかっていないレーザーの周波数を正確に測定することも可能になった。この研究は、きわめて正確に時間を計ることができる時計の開発や全地球測位システム(GPS)の精度を向上させることなどに貢献すると考えられる。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘンシュの関連キーワードハイデルベルク綱領ハイデルベルク人ハイデルベルク大学アルトハイデルベルクハイデルベルグ国際車いすマラソンハイデルベルク春の音楽祭《アルト・ハイデルベルクの歌》新ハイデルベルク学派ハイデルベルク天文台ホモ・ハイデルベルゲンシス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘンシュの関連情報