コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベットガー ベットガー Böttger, Johann Friedrich

3件 の用語解説(ベットガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベットガー
ベットガー
Böttger, Johann Friedrich

[生]1682.2.4. チューリンゲン,シュライツ
[没]1719.3.13. ドレスデン
ドイツ錬金術師,陶芸家。錬金術師として諸侯の間を遍歴。 E.フォンチルンハウスとともに 1708年にヨーロッパで初めて磁器の製造に成功。次いで 10年にザクセンアウグストが設立したマイセン (→マイセン磁器 ) の王立ザクセン磁器工場の工場長となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベットガー【Johann Friedrich Böttger】

1682‐1719
ドイツの化学技術者。ヨーロッパにおける硬質磁器の発明者。ドイツのチューリンゲンに生まれ,16歳でベルリンに出て薬学と錬金術の研究をした。その後プロイセンフリードリヒ1世の命を受けて錬金の実験を重ねたが容易に成功せず,1702年ひそかにベルリンを逃れてドレスデンに赴き,ザクセンのアウグスト2世の保護を得た。ここでも研究は成果があがらず,一時投獄されたが,やがてチルンハウゼンと共に磁器焼成の実験に取り組み,1709年ヨーロッパで初めて磁器焼成に成功。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベットガー
べっとがー
Johann Friedrich Bttger
(1682―1719)

ドイツの錬金術者。シュライツに生まれ、ベルリンで錬金術者として名声を得た。1701年プロイセンを逃れてザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世に仕えた。ここで、中国から茶とともに輸入された、茶を煎(せん)じるための独特の色をもった陶磁器をつくることに1708年成功。その成功に基づき1710年、マイセン磁器工場が設立され、ベットガーは死去するまで工場管理にあたった。この工場で彼はカオリンを原料とする硬質磁器を製造したが、その製法は極秘であった。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベットガーの関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ南ヨーロッパ単一ヨーロッパ議定書クルティウスヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ通貨機構《オリエントとヨーロッパにおける古代文化期》ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベットガーの関連情報