コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニバナ(紅花) ベニバナCarthamus tinctorius; safflower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニバナ(紅花)
ベニバナ
Carthamus tinctorius; safflower

キク科の越年草で,西アジア原産。古くから栽培されてきた重要な染料植物で,推古天皇の時代に高麗から日本に伝わったといわれ,染料,化粧料,薬用として栽培されてきた。現在は山形県でわずかに栽培され,同県の県花となっている。草丈は 40~130cmとなり,茎は円筒形で硬く多数分枝する。葉は互生し,葉身は広披針形で葉縁に鋭いとげがある。総包と上部の葉は成熟するにつれてとげ状となる。アザミに似た頭状花は小管状花だけから成り,初め黄色で次第に赤色に変る。花冠を乾かし板餅状に押し固めた商品の「べにばな」は,紅色染料,口紅などの化粧用の紅に使われる。種子は油 (サフラワーオイル) を多く含み,乾性油なので,塗料,石鹸,マーガリンなどに使われることもある。この油を燃やして出たすすからつくる墨は紅花墨と呼ばれ,最高級品とされている。 (→紅花染 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベニバナ(紅花)【ベニバナ】

中近東原産のキク科の一〜二年草。高さ1m内外。アザミに似て,葉は互生し,楕円形で葉縁にはとげがある。夏,大型の頭花をつけ,花は初めは黄色,のち次第に紅色に変わる。
→関連項目草木染染色染料作物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベニバナ【ベニバナ(紅花) safflower】

西南アジア原産のキク科の二年草(イラスト)。サフラワーともいう。古くから南ヨーロッパ~中近東,インド,中国で栽培された。日本へは推古天皇の時代(6世紀末から7世紀初め)に朝鮮半島を経て渡来したといわれる。花から紅をとるほか,薬用にも栽培された。古くはスエツムハナ(末摘花),クレノアイ(呉の藍)とも呼ばれ,〈末摘花〉は《源氏物語》の巻名にもなっている。最近では油料作物としてアメリカやオーストラリアでも栽培が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベニバナ(紅花)の言及

【臙脂】より

…16世紀,中国明代の本草学者である李自珍によれば,臙脂には4種あるというが,主要なのは紅藍花および紫鉱よりとれる顔料としての臙脂である。紅藍花(紅花,黄藍ともいう)は日本でいうクレナイ,ベニバナで,花汁を粉に染めて顔の化粧に用いる。紅藍花は,いわゆる〈張騫(ちようけん)もの〉で西域から中国に将来された。…

【口紅】より

…古くは植物性の染料をそのまま使っていたが,現代では主として色素(顔料,染料)を油脂と蠟との混融基剤に混和したものを棒状にした棒紅(ぼうべに)(リップスティック)と,容器に流し込んだ練紅(ねりべに)とがある。古代エジプトやメソポタミアでは,唇や頰は赤色黄土やヘンナベニバナ(紅花)からとった染料で彩っていた。また,古代ギリシアでは,ムラサキ科のアルカンナAlkanna tinctoriaからとった紅色染料や天然の朱が使われていた。…

【食紅】より

…古くから菓子やかまぼこなど食品を赤く着色することが行われていたが,その着色に用いた染料を食紅という。日本ではベニバナから得られる色素が一般に用いられた。ベニバナはキク科に属する植物で,それから食紅を得るにはまず赤い花を水に浸漬(しんし)し,黄色色素を除く。…

※「ベニバナ(紅花)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報