コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニマシコ Carpodacus sibiricus; long-tailed rosefinch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベニマシコ
Carpodacus sibiricus; long-tailed rosefinch

スズメ目アトリ科。全長 15cm。雄は背面と胸がばら色で,背に黒褐色の縦斑があり,後頸とは黒褐色で,翼には 2本の白帯がある。頭上と喉はばら色がかった銀白色,腹部と外側尾羽は白い。雌は全身黄褐色。シベリアモンゴル,アジアの東北部に分布する。日本では北海道本州の最北部で繁殖しているが,冬鳥(→渡り鳥)として渡来するものも少なくない。繁殖期には低木のまばらに生える草原や沼沢地に生息し,冬季は藪や疎林の中にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベニマシコ
べにましこ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベニマシコの関連キーワードマシコ(猿子)オオマシコヒワ猿子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android