コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクツス16世 ベネディクツスじゅうろくせいBenedictus XVI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネディクツス16世
ベネディクツスじゅうろくせい
Benedictus XVI

[生]1927.4.16. マルクトル・アム・イン
教皇(在位 2005~13)。本名 Joseph Alois Ratzinger。ドイツのバイエルン州出身。父は警察官,兄と姉の三兄弟。第2次世界大戦中,14歳でヒトラー・ユーゲントに入り,対空防衛補助活動に動員された。戦後,兄弟で神学校に入り,1951年司祭に叙階された。ミュンヘン大学,フライジング大学で哲学と神学を学び,1953年神学博士号を,1957年に大学教授資格を取得してフライジング大学に迎えられた。1959年以降ボン大学,ミュンスター大学,テュービンゲン大学,レーゲンスブルク大学で教壇に立ち,神学者として名声を博した。第2回バチカン公会議(1962~65)では進歩的で改革的な神学顧問として活躍したが,のちに保守派に転じた。1977年ミュンヘン,フライジングの大司教に任命され,枢機卿(カーディナル)に。1981~2005年教皇庁教理省長官,1998年枢機卿団の首席枢機卿代理,2002年首席枢機卿。教皇の側近として教皇庁内で大きな影響力をもった。ヨハネス・パウルス2世の死去に伴うコンクラーベで,2005年4月19日第265代教皇に選出された。ドイツ人教皇は 948年ぶり。ヨハネス・パウルス2世と同様,カトリックの伝統的な思想を擁護する立場をとるが,他宗派,異宗教との対話には柔軟な姿勢を示した。2013年2月健康上の理由で退位を表明,後任には 3月フランシスコ1世が選出された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベネディクツス16世の関連キーワードコリンズ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android