コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベラサグン Balasaghun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベラサグン
Balasaghun

中世中央アジアの都市。 10世紀初め,カラハン朝サトゥク・ボグラ・ハンがこの地を首都と定め,1130年頃耶律大石 (→徳宗) が占領して西遼 (カラ・キタイ) 国を建設した。これ以後はグズオルドと呼ばれることが多い。 1210年ホラズム・シャーに占領され,その際約4万の住民が殺された。その後 18年モンゴル軍の攻撃を受け,無条件で降伏,モンゴル時代には次第に衰え,チムール (帖木児) の時代には記録に現れてこない。その正確な位置はわからないが,チュー川流域にあったと思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベラサグン(Balasagun)

中央アジアのチュー川上流域にあった都市。現在のキルギス共和国北部の町トクマク付近。10世紀から13世紀にかけて、カルルクカラハン朝カラキタイ(西)の中心都市となり、耶律大石の時代に都が置かれた。13世紀にモンゴル帝国に支配され、14世紀中に衰退した。11世紀初頭に建造された尖塔ブラナの塔が現在も残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベラサグン
べらさぐん
Balsghn

中央アジアのチュー川上流域にあったカラ・ハン朝、カラ・キタイ(西遼(せいりょう))の都。現在のキルギス共和国トクマク付近。ソグド人によって建設され、9世紀の賈耽(こたん)は裴羅将軍城と漢字表記している。トルコ語で書かれた最初の詩作品『クタドク・ビリク』(1069/70完成)の作者ユースフの生地である。1130年ころ耶律大石(やりつたいせき)が西遼を建てたのちは、グズオルド(虎思斡児朶)とよばれることが多い。1218年にチンギス・ハンの支配下に入り、14世紀中に戦乱のため破壊されて廃墟(はいきょ)となった。[堀川 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベラサグンの関連キーワードカラ・ハーン朝カラ・キタイ徳宗[西遼]カラハンスイアブ黒契丹堀川

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android