コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルトコンベヤ belt conveyor

翻訳|belt conveyor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルトコンベヤ
belt conveyor

コンベヤの一種。電動機または内燃機関の動力で駆動される両端のローラに環状ベルトを掛け,物品を載せて循環搬送する。途中には適当に支持ローラを入れる。1機では直線動作であるが,案内板をつけて数機併設すれば方向変換も自由。また荷物の種類により 30度程度までの傾斜運搬もできる。速度調節,逆運転,途中での積込み積降ろしも可能なので,単純運搬以外に品物選別部品の組立てにも使われる。機構が簡単なので点検が容易で,設備費,維持費とも安い。ベルトは幅広のゴムベルトやスチールベルトが最も多いが,取扱う品物により薄鋼板なども用いられる。石炭,鉱石,砂利など諸原料のばら運搬に各種工場,鉱山,土木工事現場で,部品や半製品の組立て流れ作業に機械工場,自動車工場で,農産品の選別や箱詰に選果場,農場で,缶詰,瓶詰に食品工場で,さらに水産業では漁獲物処理に船上でも用いられる。ゴルフ場の急坂などにもよく設置されていて,これは人間運搬用である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベルトコンベヤ

枠組(わくぐみ)の両端にプーリー(滑車)を設け,その間にエンドレスにベルトをかけて,ばら物やかさ物を連続的に運搬するコンベヤ。ベルトとプーリー間の摩擦によって駆動するためベルト緊張装置を備え,架台を適当に配置してベルトを支える。
→関連項目コンベヤシステム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のベルトコンベヤの言及

【コンベヤ】より


[コンベヤの種類]
 コンベヤの構造はおしなべて簡単であるが,一方,取扱物の性状と運搬の目的に応じてきわめて多くの機種が作られており,その作動原理を異にするものも多い。(1)ベルトコンベヤbelt conveyor 両端部に設けたベルト車にベルトを環状にかけ渡し,そのベルト上に載せた荷をベルトの移動によって運搬する。ベルトは駆動ベルト車とベルトとの間の摩擦力によって駆動される。…

※「ベルトコンベヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルトコンベヤの関連キーワードグローリーホール掘削方式新日鉄八幡製鉄所の火災カントリーエレベータートランスファーマシンディストリビューターバッチャープラントポータブルコンベヤコンベヤスケールモダン・タイムス半自律的作業集団ベルトコンベアーフォードシステムローラコンベヤビデオテーク粉塵発生施設マントル対流頸肩腕症候群マルヤス機械自由を我等に流動床乾燥機

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルトコンベヤの関連情報