コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルリン国立歌劇場 ベルリンこくりつかげきじょうBerliner Staats Oper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルリン国立歌劇場
ベルリンこくりつかげきじょう
Berliner Staats Oper

ベルリンのオペラ劇場。プロシアフリードリヒ大王から C.H.グラウンが設立を委任され,1742年彼の『シーザークレオパトラ』で開場した。以後,ウェーバーの『魔弾射手』 (1821) ,O.ニコライの『ウィンザーの陽気な女房たち』 (49) などを初演して名声を確立。 1843年火災にあったがただちに復旧。第2次世界大戦後は東ベルリンの管理下におかれ,戦災による被害も完全に修復された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルリン国立歌劇場
べるりんこくりつかげきじょう
Deutsche Staatsoper Berlin

ベルリンにある歌劇場。起源は1742年開場のウンター・デン・リンデン王立歌劇場にさかのぼるが、1945年爆撃により破壊された。東西ベルリンに分割後、10年間ほかの劇場で公演を続けたのち、旧東ドイツ国立の歌劇場として1955年にもとの位置に現在の建物が完成した。マイヤベーア、ニコライ、メンデルスゾーン、ワインガルトナーらが楽長や音楽監督を務めた由緒ある歌劇場で、1920年代からは新作の初演も積極化、とくにエーリヒ・クライバーの音楽監督時代(1923~34)は、ベルクの『ウォツェック』初演、世界有数の声楽家、指揮者の競演などにより、もっとも注目を浴びる歌劇場になった。1955年の再建後はコンビチュニーが、64年以後はスイトナーが音楽監督を務めた。ベルリンの壁崩壊後、92年にはバレンボイムが芸術監督兼音楽総監督に就任、モーツァルト、ワーグナー作品などを新演出で次々に上演している。歌劇公演のほか、ベルリン・シュターツカペレという名のもとオーケストラ演奏会も各地で行っている。1977年(昭和52)初来日。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のベルリン国立歌劇場の言及

【オペラ】より

…初演ドニゼッティ《ベリザーリオ》。 ベルリン国立歌劇場Staatsoper Berlin(Ost)1742年フリードリヒ大王の宮廷歌劇場Hofoperとして創立。建築設計クノーベルスドルフ。…

※「ベルリン国立歌劇場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルリン国立歌劇場の関連キーワードウォルフガング・マンフレート・マルティン ワーグナークラウス(Clemens Krauss)クライバー(Erich Kleiber)ベルガー(Erna Berger)ウィルヘルム フルトベングラーヘルベルト・フォン カラヤンシュターツカペレ・ベルリンミロスラフ チャンガロビチジョルジュ セバスティアンヘルマン アーベントロートベルリン国立歌劇場管弦楽団フランツ コンヴィチュニーフィッシャー=ディースカウオトマール スウィトナーウンターデンリンデン通りマンフレット グルリットグルリット マンフレートモーリス アブラヴァネルハインリヒ シュルスネスヴィルヘルム ロイブナー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベルリン国立歌劇場の関連情報