コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベル・カント bel canto[イタリア]

1件 の用語解説(ベル・カントの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベル・カント【bel canto[イタリア]】

〈美しい歌〉の意。1600年ころカッチーニペーリが提唱した装飾的な独唱曲から発展したイタリア歌唱法に対する19世紀の呼称で,声の柔軟性,均一性,美しい響きを重要視したもの。とくにイタリア・オペラアリアベル・カントを駆使したものである。古典派のベル・カント唱法としてイタリアの歌手トージPier Francesco Tosi(1653ころ‐1732)は,呼吸法,メッサ・ディ・ボーチェ(声をのばして歌いながら弱い声からしだいに強くし,やがて弱めていく唱法),レガート,装飾法,即興法などの習得を要求しているが,グルックのオペラ改革とともにすたれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のベル・カントの言及

【ソプラノ】より

…そして役柄,声質,唱法に応じてコロラトゥーラcoloratura(主役級が華麗な高音域の旋律を技巧をこらして歌うもの),リリコlirico(抒情的な声で可憐な娘役),ドラマティコdramatico(力強く劇的な性格表現),スブレットsoubrette(艶のある声で気転の利く侍女役)などに分類されるようになる。さらにドニゼッティ,ベリーニなどのイタリア・ロマン派オペラ独得の唱法,ベル・カントは,プリマ・ドンナたるソプラノの声の美しさと技巧を極限にまでおし進めた。 一方,18世紀中葉以降に深みのあるソプラノとして分立した声種メゾ・ソプラノmezzo sopranoは,およそイから2点トにわたる。…

※「ベル・カント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベル・カントの関連キーワードベルカントカッチ心美し美美しい琅玕スッチークラッチーナクワッチーシャッチーケツカッチン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベル・カントの関連情報