コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベル・カント(英語表記)bel canto[イタリア]

世界大百科事典 第2版の解説

ベル・カント【bel canto[イタリア]】

〈美しい歌〉の意。1600年ころカッチーニやペーリが提唱した装飾的な独唱曲から発展したイタリア歌唱法に対する19世紀の呼称で,声の柔軟性,均一性,美しい響きを重要視したもの。とくにイタリア・オペラのアリアはベル・カントを駆使したものである。古典派のベル・カント唱法としてイタリアの歌手トージPier Francesco Tosi(1653ころ‐1732)は,呼吸法,メッサ・ディ・ボーチェ(声をのばして歌いながら弱い声からしだいに強くし,やがて弱めていく唱法),レガート,装飾法,即興法などの習得を要求しているが,グルックのオペラ改革とともにすたれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベル・カントの言及

【ソプラノ】より

…そして役柄,声質,唱法に応じてコロラトゥーラcoloratura(主役級が華麗な高音域の旋律を技巧をこらして歌うもの),リリコlirico(抒情的な声で可憐な娘役),ドラマティコdramatico(力強く劇的な性格表現),スブレットsoubrette(艶のある声で気転の利く侍女役)などに分類されるようになる。さらにドニゼッティ,ベリーニなどのイタリア・ロマン派オペラ独得の唱法,ベル・カントは,プリマ・ドンナたるソプラノの声の美しさと技巧を極限にまでおし進めた。 一方,18世紀中葉以降に深みのあるソプラノとして分立した声種メゾ・ソプラノmezzo sopranoは,およそイから2点トにわたる。…

※「ベル・カント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベル・カントの関連情報