コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーリ Peri, Jacopo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペーリ
Peri, Jacopo

[生]1561.8.20. ローマ
[没]1633.8.12. フィレンツェ
イタリアの作曲家。 C.マルベッツィに学び,1591年フィレンツェのメディチ家の首席音楽監督となる。初期のオペラダフネ』 (1597) ,『エウリディーチェ』 (1600) の作曲者として知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ペーリ

イタリアの作曲家,歌手。現存する最古のオペラの作曲者。ローマに生まれ,フィレンツェでメディチ家の歌手となる。同家に仕えるバルディ伯らをパトロンとして結成された〈カメラータ〉に加わり,詩人O.リヌッチーニ〔1562-1621〕と組んで《ダフネ》(1598年)と《エウリディーチェ》(1600年)を完成(前者の楽譜は散逸)。
→関連項目カッチーニ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペーリ【Jacopo Peri】

1561‐1633
イタリアの作曲家,歌手。反宗教改革時代のローマに生まれる。当時のローマでは,P.パレストリーナを中心とするローマ楽派が,中世から続いてきたポリフォニー様式を踏襲しつつ音楽を通じてカトリックの信仰を表明することに専念していた。したがってペーリにとっては,青年時代にこのローマを去り,前衛的な芸術運動の一つの中心地フィレンツェに移り住んだことが,音楽家としての将来を決定する契機となった。1590年ころからメディチ家の歌手となり,コジモ2世の治世(1609‐21)に宮廷音楽監督の地位を得る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペーリ
ぺーり
Jacopo Peri
(1561―1633)

イタリアの作曲家、歌手、器楽奏者。現存する最古のオペラ『エウリディーチェ』(1600)の作曲者。8月20日ローマに生まれたが、フィレンツェの貴族の家柄のため、幼くして同市に移った。マルベッツィに師事し、1579年バディア教会オルガン奏者となる。80年代にバルディ邸に集う芸術家集団「カメラータ」の一員となり、88年以降、メディチ家の宮廷に仕え、盛んな活動を展開した。バルディのローマ行きに伴い、カメラータたちは92年以来コルシ邸に集い、古代ギリシアの音楽劇の復興を目ざす新しい音楽形式を試みたが、98年の謝肉祭に初演されたのが彼の最初のオペラ『ダフネ』である。『ダフネ』の音楽はほとんどが失われたが、1600年10月6日、マリ・ド・メディシスとフランス王アンリ4世の婚礼にピッティ宮殿で初演された『エウリディーチェ』は、現存する世界最古のオペラとなった。ただし、このとき上演された『エウリディーチェ』は、ペーリに対抗したカッチーニにより曲の一部を書き改められたものであった。なおペーリはメディチ家のほか、マントバのゴンザーガ家のためにも作曲し、同時代者からたぐいまれに優雅な歌唱と演奏をたたえられた。33年8月12日フィレンツェで没。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペーリの関連キーワードマリエッラ デヴィーアフェニックス(不死鳥)ヌーボー・レアリスムオペラ(舞台芸術)アッサンブラージュヒュペーリオンメディチ[家]ヘルダーリーンヒュペリオンソシエテ諸島イタリア音楽ヘルダーリンベル・カントイタリア演劇バロック音楽5月16日モノディ運命の歌東 敦子ペーリエ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android