コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーチェ La Voce

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーチェ
La Voce

イタリアの文化雑誌。「声」の意。 1908年,フィレンツェでプレッツォリーニにより創刊。『レオナルド』誌の流れをくみ,サルベーミニ,セッラクローチェボイネソッフィチチェッキなど当時の主要な知識人が寄稿した。初期はクローチェの影響下に,体制批判の立場から,南部問題,普通選挙法,リビア侵略問題などを論じたが,13年,編集長にパピーニを迎えると,ジェンティーレの影響でナショナリズムに傾き,社会変革を戦争と結びつけるにいたった。同年末,パピーニが離反して『ラチェルバ』誌を創刊し未来派と合流してから,その戦争賛美は一層高まり,後年のファシズム形成の一端をになった。また,14年から 16年の廃刊まではデ・ロベルティスが編集長をつとめ,この時期はもっぱら文学に片寄り,ウンガレッティカルダレッリ,カンパーナら新しい詩人を輩出し,マラルメ,ランボー,アポリネールなど,ヨーロッパの前衛詩人を数多く紹介した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボーチェ【La Voce】

イタリアの雑誌。文芸批評家ジュゼッペ・プレッツォリーニによって1908年12月にフィレンツェで創刊された。初めは週刊であったが,1913年には月2回の刊行となった。雑誌は,プレッツォリーニが編集責任者を務めた14年12月までと,以後,同じく文芸批評家のデ・ロベルティスGiuseppe De Robertis(1888‐1963)が編集を引き継いで16年12月の終刊にいたるまでの2期のあいだで,その性格が大きく変わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーチェ
ぼーちぇ
La Voce

イタリアの文化雑誌。1908年、評論家のプレッツォリーニによって創刊され、初め週刊であったが、13年より半月ごとの発行となる。第一次世界大戦前のイタリアが抱える社会・政治的な問題への積極的な取り組みを目ざし、主導的な役割を果たした。事実、南部問題、普通選挙、教育、リビア戦争などをめぐって活発な論陣を張った。しかし、とくにリビア戦争反対の問題をめぐって同人内部に深刻な対立が生じ、もっとも先鋭な立場をとるサルベーミニが脱退。14年には編集主幹のプレッツォリーニが去り、デ・ロベルティスが後を引き継ぐと、文芸誌としての性格を強め、執筆陣は多彩になったが、社会への影響力は弱まり、16年末に終刊した。[川名公平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のボーチェの言及

【プレッツォリーニ】より

…ベルグソン,プラグマティズム,同時にモダニズムの運動,J.ソレルのサンディカリスム,さらにクローチェの思想などに幅広い関心を向け,摂取する。08年,両大戦間を代表する文学雑誌《ボーチェ》を創刊,14年まで編集長を務める。第1次大戦勃発に際して参戦を唱え,自身も出征した。…

※「ボーチェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボーチェの関連キーワードジョヴァンニ パピーニG. プレッツォリーニクレメンテ レーボラシピオ スラータペルA. パラッツェスキパラッツェスキストゥパリヒバルディーニズラータペルベル・カントバッケッリフォルゴレカルダレリオノーフリズラタペルズバルバロレーボラヤイエルカッラロンダ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボーチェの関連情報