コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーチェ ボーチェ La Voce

3件 の用語解説(ボーチェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボーチェ
ボーチェ
La Voce

イタリアの文化雑誌。「声」の意。 1908年,フィレンツェプレッツォリーニにより創刊。『レオナルド』誌の流れをくみ,サルベーミニセッラクローチェボイネソッフィチチェッキなど当時の主要な知識人が寄稿した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボーチェ【La Voce】

イタリアの雑誌。文芸批評家ジュゼッペ・プレッツォリーニによって1908年12月にフィレンツェで創刊された。初めは週刊であったが,1913年には月2回の刊行となった。雑誌は,プレッツォリーニが編集責任者を務めた14年12月までと,以後,同じく文芸批評家のデ・ロベルティスGiuseppe De Robertis(1888‐1963)が編集を引き継いで16年12月の終刊にいたるまでの2期のあいだで,その性格が大きく変わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボーチェ
ぼーちぇ
La Voce

イタリアの文化雑誌。1908年、評論家のプレッツォリーニによって創刊され、初め週刊であったが、13年より半月ごとの発行となる。第一次世界大戦前のイタリアが抱える社会・政治的な問題への積極的な取り組みを目ざし、主導的な役割を果たした。事実、南部問題普通選挙、教育、リビア戦争などをめぐって活発な論陣を張った。しかし、とくにリビア戦争反対の問題をめぐって同人内部に深刻な対立が生じ、もっとも先鋭な立場をとるサルベーミニが脱退。14年には編集主幹のプレッツォリーニが去り、デ・ロベルティスが後を引き継ぐと、文芸誌としての性格を強め、執筆陣は多彩になったが、社会への影響力は弱まり、16年末に終刊した。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のボーチェの言及

【プレッツォリーニ】より

…ベルグソン,プラグマティズム,同時にモダニズムの運動,J.ソレルのサンディカリスム,さらにクローチェの思想などに幅広い関心を向け,摂取する。08年,両大戦間を代表する文学雑誌《ボーチェ》を創刊,14年まで編集長を務める。第1次大戦勃発に際して参戦を唱え,自身も出征した。…

※「ボーチェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボーチェの関連キーワードデサンクティス文芸批評・文藝批評運命の力エルナーニジョゼッペ・ガリバルディトロヴァトーレドン・カルロミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団ジュゼッペ,S.ピキョッティ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーチェの関連情報