コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベロッキオ ベロッキオ Verrocchio, Andrea del

6件 の用語解説(ベロッキオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベロッキオ
ベロッキオ
Verrocchio, Andrea del

[生]1435. フィレンツェ
[没]1488. ベネチア
イタリア・ルネサンスの彫刻家,金工家,画家。本名は Andrea di Michele di Francesco Cione。ドナテロバルドビネッティに学んだとされる。多才な美術家であったが,とりわけ彫刻と金工の分野に最も力を注ぎ,絵画活動は 1470~80年に限られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベロッキオ(Andrea del Verrocchio)

[1435ころ~1488]イタリアの彫刻家・金工家・画家。写実的な作品を残した。ブロンズ像「コレオーニ将軍騎馬像」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベロッキオ

イタリアの画家,彫刻家。フィレンツェに生まれ,金工家として知られたが,ドナテロに彫刻を学び,師なきあとフィレンツェの代表的彫刻家として活動。初期の《ダビデ》(1470年―1475年ころ,フィレンツェ,バルジェロ国立美術館蔵),晩年のオルサンミケーレ教会の《トマスの懐疑》(1466年―1483年)が代表作とされ,ベネチアのサンティ・ジョバンニ・エ・パオロ広場の《コレオーニ将軍騎馬像》はドナテロの《ガッタメラータ将軍騎馬像》とともにルネサンスの騎馬像の傑作。
→関連項目ピエロ・ディ・コジモペルジーノボッティチェリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ベロッキオ【Andrea del Verrocchio】

1435‐88
イタリアの画家,金工家,彫刻家。フィレンツェに生まれ,金工の修業ののち,おそらくドナテロに彫刻を学んだと思われる。15世紀後半のフィレンツェで最も繁盛した工房の一つを経営し,多数の弟子とともにメディチ家をはじめとする顧客のためにあらゆる種類の美術品を制作。彼の作と断定できるきわめて少数の絵画の一点《キリストの洗礼》は,晩年の弟子レオナルド・ダ・ビンチが画中の一天使を描いたとされる。彫刻ではブロンズを得意とし,卓越した技巧に裏づけされた,軽快な写実性と洗練された優雅さを兼ね備えた作風を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ベロッキオ【Andrea del Verrocchio】

1435~1488) イタリアの彫刻家・金工家・画家。正確な人体把握に基づく写実的作品を残す。レオナルド=ダ=ビンチの師。作「キリストとトマス」、絵画「キリストの洗礼」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベロッキオ
べろっきお
Andrea del Verrocchio
(1435―1488)

イタリアの金工家、彫刻家、画家。父ミケーレ・ディ・フランチェスコ・チオーニはフィレンツェの煉瓦(れんが)製造業者。姓はおそらく師の金工家ジュリアーノ・デル・ベロッキオから受け継ぐ。かつてドナテッロから彫刻を学び、バルドビネッティから絵画を習ったとされ、近年では同時代の大理石作家との関係が説かれるが、初期の活動については確かでない。1460年代の後半からメディチ家の庇護(ひご)も受け、大規模な工房を営んでフィレンツェ美術界に指導的役割を演じた。サン・ロレンツォ聖堂にメディチ家ゆかりの2基の墓碑、別荘ビラ・カレッジの噴水として青銅の『イルカを抱く小童像』(現在パラッツォ・ベッキオ)、フィレンツェ大聖堂洗礼堂の銀製祭壇の一部浮彫り、ピストイア大聖堂内のフォルテグエリ記念像の制作などがある。
 彼はブロンズ、大理石、テラコッタなど、各種の材料を用いて高度な技法を開発し、生動感豊かな写実的作風に品位を与え、工芸的な装飾性を加味した。1476年ごろの青銅像『ダビデ』(バルジェッロ美術館)はドナテッロの先行する作品と比較して、知性的な描写力と洗練された明暗処理、鋭敏で貴族的な感受力を示すベロッキオ独自の芸術的個性を代弁している。また83年にオルサンミケーレ聖堂外壁の龕(がん)に設置された青銅群像『キリストと不信の聖トマス』は、2人の人物にそれぞれ荘重な表情や優雅な姿態を表現し、両者の対面に旋回を加えた動的な構成と調和のとれた比例関係を達成した傑作。晩年、ベネチア政府の依頼で大作『コレオーニ将軍騎馬像』の原型を制作した。彼の客死で鋳造と台座の完成はレオパルディAlessandro Leopardi(?―1522/23)に託されたが、工房での科学的探究の成果や解剖学的知識を駆使した人馬の力感あふれる勇壮な運動表現によって、当代の堅実な自然主義を代表する記念碑となっている。一方、絵画活動は『キリストの洗礼』(ウフィツィ美術館)など、彫刻に比べると限られるが、この絵の共作で話題となったレオナルド・ダ・ビンチをはじめ、ペルジーノ、クレディLorenzo di Credi(1459―1537)ら、画家として有能な多くの門人を輩出させた。[上平 貢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベロッキオの言及

【レオナルド・ダ・ビンチ】より

…いずれにしても,聖母がきわめて多く描かれ,母性なるものが彼の重要な主題であったことは確かである。父親がレオナルドを,15歳のころフィレンツェのベロッキオの工房に入れたのは,すでに少年が動物や植物や人間などを鋭く観察し描きとどめる才能に秀でていたからであった。ベロッキオの工房は,絵画のみならず彫刻,建築,各種の工芸デザインや工学的技術を擁する多角的工房であったため,レオナルドはそこでそれらの基礎的知識をすべて習得し,1472年画家組合に加入したのちも76年まで同工房にとどまった。…

※「ベロッキオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベロッキオの関連キーワードギベルティチェリーニポライウオロマリーニ聖家族と幼児洗礼者ヨハネフィレンツェの思い出フィレンツェマラソンフィレンツェ五月音楽祭ベルゲーテミーノ・ダ・フィエゾレ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベロッキオの関連情報