コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンケイガニ Sesarmops intermedia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンケイガニ
Sesarmops intermedia

軟甲綱十脚目イワガニ科。甲幅 3.5cm,甲の輪郭はほぼ正方形。アカテガニに似るが,甲面の凹凸が強く,甲の側縁に大きな切れ込みがある。色彩は一様に橙赤色で,アカテガニのように紅色を帯びない。河口付近の湿地帯にすむ。房総半島以南インド洋東部まで分布する。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベンケイガニ

甲殻類イワガニ科のカニ。甲長3cmくらい。甲およびはさみ脚は赤色で美しい。甲の側縁に1個の切れ込みがある点,はさみ脚の掌部の外面に顆粒(かりゅう)の小群がある点などで近縁のアカテガニと区別される。
→関連項目カニ(蟹)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベンケイガニ【Sesarmops intermedia】

甲殻綱十脚目イワガニ科の甲殻類(イラスト)。東京湾から韓国,台湾,中国を経てインドまで分布し,河口付近の湿地にすむが,ほとんど陸上生活をし,幼生を海に放つとき以外は海水につからない。甲幅3cmほどで,一様に朱赤褐色。甲はわずかに横長の四角形で,甲の側縁はむしろ後方が開く。甲面は弱く盛り上がり,額域が下を向く。前側縁は眼窩(がんか)外歯の後方に深い切れ込みを一つもつ。はさみ脚は大きく,掌部,可動指とも滑らか。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベンケイガニ
べんけいがに / 弁慶蟹
[学]Sesarmops intermedia

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目イワガニ科に属するカニ。河口域から陸上へと生息域を広げているカニ類の代表種。アカテガニと混同されることが多いが、本種は一様に橙赤(とうせき)色で、甲の側縁の前方部に深い切れ込みが一つある。甲幅3.5センチメートルに達し、輪郭はわずかに幅広い四角形。額(がく)の中央部はくぼみ、左右の目を結ぶ線上に四つの稜(りょう)がある。胃域と心域を分ける溝ははっきりしている。東京湾から九州、朝鮮半島、中国沿岸を経て東南アジアからインドまで分布する。海岸に近い湿地にすみ、ほとんど海水につかることはないが、幼生の放出の際には海水に浸り、幼生は約1か月間海でプランクトン生活をして育つ。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ベンケイガニの関連キーワードカクベンケイガニクロベンケイガニ胃石甲類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベンケイガニの関連情報