コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペテガリ岳 ペテガリだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペテガリ岳
ペテガリだけ

北海道日高山脈中央部にある山。標高 1736m。新ひだか町大樹町の境界にあり,頂部は急斜面の独立峰を形成する。山頂の北東斜面にある更新世の氷河によって生じた 3本の圏谷カール)は,日高山脈にある圏谷のうち最南部に位置するもの。山の地質は,日高変成帯と呼ばれる混成岩類および片麻岩類などからなる。日高山脈襟裳国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ペテガリ‐だけ【ペテガリ岳】

北海道中南部、日高山脈にある山。標高1736メートル。急斜面のある独立峰として日高山脈随一の名山。
[補説]語源は、「ペツ・エ・カリ」(川が・そこで・曲がる)が転訛したともいわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ペテガリ岳【ペテガリだけ】

北海道,日高山脈中央部にある山。標高1736m。山体は浸食され,山ひだは雁行(がんこう)し,カール地形がある。岩石はミグマタイト。静内町(現・新ひだか町)奥高見から登山路がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペテガリだけ【ペテガリ岳】

北海道日高支庁静内町と十勝支庁大樹町との境界にある山。標高1736m。日高山脈のほぼ中央に位置し,日高側の静内(しずない)川と十勝側の歴舟(れきふね)川の水源をなす。浸食の進んだ鋭い山ひだが雁行し,三つのカール地形がみられることで知られる。岩石はミグマタイト(融合岩)からなる。無名峰であったが,1930年ころ付近を流れる川の名をとって命名された。まわりの峡谷はすべて険しく,登頂は困難であったが,現在は林道や山荘が整えられ,登山路も完備している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペテガリ岳
ぺてがりだけ

北海道中南部、日高(ひだか)山脈の中央、日高振興局管内と十勝(とかち)総合振興局管内の境界にある山。標高1736メートル。混成岩や片麻岩などの変成岩からなり、山頂付近の北東側に三つのカール(圏谷)がみられる。日高の代表的名山であるが、山脈最奥部に位置するため登攀(とうはん)路の長いことで知られる。十勝側からは中ノ川、日高側からは静内(しずない)川の河谷から入り、尾根伝いに登るが、登山は専門家でないと容易でないコースである。[柏村一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android