コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペパーミント ペパーミントpeppermint

翻訳|peppermint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペパーミント
peppermint

ハッカの香気の強い緑色のリキュールクレーム・ド・マントも同種のリキュールである。イタリア人の創製したもの。精製したアルコール油に苦みのない薄荷油,丁子 (ちょうじ) 油,ばら水,砂糖などを加え,緑色色素で着色する。アルコール濃度 30~50%。食前・食後酒として用いる。製薬用のペパーミントエッセンスもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ペパーミント(peppermint)

ヨーロッパに産する西洋ハッカ。また、その葉などから得られる香料。
ハッカを主原料としたリキュール。緑色のものが多い。→薄荷(はっか)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ペパーミント

(1)セイヨウハッカの英語名。→ハッカ(2)青緑色をした甘いリキュールの一種。おもにアペリチフとして供される。ハッカ油を精製アルコールに溶かし,それに砂糖や水を加えてアルコール分を15〜17%にし,ニガヨモギエッセンスなどでかおりをよくしたうえで,緑色の食用色素で着色して作る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ペパーミント

 Mentha属の雑種.シソ目シソ科ハッカ属の草.全体を水蒸気蒸留して精油をとり,香料として使う.メントールが主成分.他にl-メントン,1,8-シネオールなどを含む.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペパーミント【peppermint】

ヨーロッパ原産のシソ科の多年草イラスト)。セイヨウハッカともいう。新約聖書中にも香辛料として記載され,西洋のハッカとして最も有名で,古代エジプトローマでも利用された。茎は高さ30~90cm,茎の先端に穂状の花序をつけ,花は紫または白色で,8~9月に咲く。地下を横走する地下茎で繁殖する。生葉を刻んでラム料理や魚・肉のソースに使ったり,カクテル類やリキュールに入れて,美しい緑色と香りをつける。またチューインガムの香料にし,ケーキミントゼリーなどの菓子に入れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ペパーミント【peppermint】

シソ科の多年草。乾燥した葉からメントールや薄荷はつか油を採る。芳香があり、菓子・化粧品などの香料とし、薬用ともする。セイヨウハッカ。
薄荷油・丁子ちようじ油・シロップを入れた甘味のあるリキュール。普通、緑色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペパーミント
ぺぱーみんと
peppermint

ヨーロッパ原産のセイヨウハッカから得られる香辛料。同じハッカ系のスペアミントに比べると香味が刺激的であり、ミントティー、リキュールのほか、うがい薬などにも用いられる。なお、リキュールに利用する場合は、ブランデースピリッツにハッカを浸漬(しんし)して浸出する方法、あるいはハッカ精油を加える方法がとられる。このリキュールはアルコール分25~30%、緑色や白色のものがある。フランス産のフレーゾマンは有名である。[齋藤 浩・原 昌道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペパーミントの関連情報