コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペブスナー ぺぶすなーNikolaus Bernhard Leon Pevsner

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペブスナー(Nikolaus Bernhard Leon Pevsner)
ぺぶすなー
Nikolaus Bernhard Leon Pevsner
(1902―1983)

ドイツ生まれのイギリスの美術史家、建築史家、建築批評家。ライプツィヒに生まれる。実家は富裕な毛皮商。郷里の聖トマス学校、ライプツィヒ大学で学んだ後、ミュンヘン、ベルリン、フランクフルトの各大学で美術史家ハインリヒ・ウェルフリン、アドルフ・ゴルトシュミットAdolph Goldschmidt(1863―1944)、ルドルフ・カウチュRudolf Kautzsch(1868―1945)に学ぶ。郷里に戻り、1924年ライプツィヒ大学でライプツィヒのバロック建築に関する論文を提出して学位を取得。ドレスデン絵画館の学芸員助手、ゲッティンゲン大学の美術史・建築史の私講師を経て、33年(35年説もある)イギリスに渡る。44年から69年までロンドン大学バークベック・カレッジの美術史の教授を務めるかたわら、49年から55年までケンブリッジ大学のスレイド美術講座(フェリックス・スレイドFelix Slade(1790―1868)が提供した資金によってオックスフォード、ケンブリッジ、ロンドンの各大学に設けられた美術の講座)教授、68年から69年までオックスフォード大学のスレイド美術講座教授(1869年、最初にこのポストについたのがジョン・ラスキン)を兼任した。63年にアメリカ、エール大学のヘンリー・エリアス・ハウランド記念賞、67年にRIBA(英国王立建築家協会)のロイヤル・ゴールド・メダルを受賞したのをはじめ多くの賞・名誉学位を受けている。69年ナイトに叙爵。
 1925年に「反動宗教改革とマニエリスム」という最初の論文を発表し、28年に最初の単行本『ライプツィヒのバロック』Leipziger Barokを刊行して以来、『近代運動のパイオニアたち』Pioneers of the Movement from William Morris to Walter Gropius(1936。1949年にPioneers of Modern Design from William Morris to Walter Gropiusに改題増補、邦訳『モダン・デザインの展開』)、『英国のインダストリアル・アート研究』An Enquiry into Industrial Art in England(1937)、『美術アカデミーの歴史』Academies of Art, Past and Present(1940)、『ヨーロッパ建築序説』An Outline of European Architecture(1942)、『ハイ・ビクトリアン・デザイン』High Victorian Design(1951)、『英国美術の英国性』The Englishness of English Art(1951)、『モダン・デザインの源泉』The Sources of Modern Architecture and Design(1962)、『美術・建築・デザインの研究』Studies in Art, Architecture and Design(1968)、『19世紀の建築著作家』Some Architectural Writers of the Nineteenth Century(1972)、『ビルディング・タイプの歴史』A History of Building Types(1976)などの多数の著書を半世紀にわたって刊行しつづけた。
 アカデミックな経歴の一方で、1941年から45年まで(顧問としては75年まで)『アーキテクチュラル・レビュー』Architectural Review誌の編集に関わり、ピーター・ドナーPeter F. R. Donnerの筆名で自身多くの建築批評記事を書いた。また学術的信頼性のきわめて高いペリカン美術史叢書の創立編集者であり、51年から74年まで46巻を刊行した「英国の建築」The Buildings of England叢書の編者、書き手でもあった。その他『世界建築事典』A Dictionary of Architecture(1966)、『反合理主義者たち』The Anti-Rationalists(1973)を編集・執筆するなど、編集者・批評家としても活躍した。
 ワルター・グロピウスとバウハウスを中心に据えた近代建築運動のイデオローグとしての言論活動に対して一定の批判もあるが、研究対象は近代にとどまらずマニエリスム、バロックから広く19世紀に及んでおり、その著作の量と影響力は20世紀最大の建築史家の名に値する。[吉田鋼市]
『小林文次ほか訳『ヨーロッパ建築序説』(1954、新訳版1989・彰国社) ▽白石博三訳『モダン・デザインの展開』(1957・みすず書房) ▽中森義宗・内藤秀雄訳『美術アカデミーの歴史』(1974・中央大学出版部) ▽小野二郎訳『モダン・デザインの源泉』(1976・美術出版社) ▽鈴木博之・鈴木杜幾子訳『美術・建築・デザインの研究』1・2(1980・鹿島出版会) ▽友部直・蛭川久康訳『英国美術の英国性』(1981・岩崎美術社) ▽鈴木博之訳『ラスキンとヴィオレ・ル・デュク』(1990・中央公論美術出版) ▽Leipziger Barock; Die Baukunst der Barockzeit in Leipzig (1928, Jess, Dresden) ▽An Enquiry into Industrial Art in England (1937, Macmillan, New York) ▽High Victorian Design (1951, Architectural Press, London) ▽Some Architectural Writers of the Nineteenth Century (1972, Clarendon Press, Oxford) ▽A History of Building Types (1976, Princeton University Press, Princeton) ▽N・ペヴスナー、J・M・リチャーズ編、香山壽夫・武沢秀一・日野水信編訳『反合理主義者たち』(1976・鹿島出版会) ▽ニコラウス・ペヴスナーほか著、鈴木博之監訳『世界建築事典』(1984・鹿島出版会) ▽Nikolaus Pevsner ed. The Buildings of England 1~46 (1951~74, Penguin Books, Harmondsworth )』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android