コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニエリスム マニエリスムManierismo; Mannerism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニエリスム
Manierismo; Mannerism

盛期ルネサンスと初期バロックの間の,イタリアを中心とした全ヨーロッパの芸術様式をさす美術用語。語源はイタリア語の「マニエラ」manieraで,個人の様式,手法を意味した。レオナルド・ダ・ビンチミケランジェロラファエロ・サンツィオらの先人たちの手法を学び,感情表現に新しい領域を開こうとして生まれたもの。その特色は人体表現において顕著で,誇張された肉づけ,引き伸ばし,様式化した姿勢や派手な色彩などが認められる。代表的作家には,『美術家列伝』Le vite de' più eccellenti architetti,pittori,et scultori italiani(1550)の著者ジョルジョ・バザーリ,画家フランチェスコ・パルミジャニーノブロンジーノ,ヤコポ・ダ・ポントルモロッソ・フィオレンティーノ,彫刻家ジャンボローニャ,建築家バルダッサーレ・T.ペルッツィなどがいる。イタリアのマニエリスム美術はヨーロッパ各地に伝わり,フランスではフォンテンブロー派が生まれ,プラハでは皇帝ルドルフ2世の治下にバルトロメウス・スプランヘルらが活動し,スペインではエル・グレコが独自の宗教美術をつくりあげた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マニエリスム(〈フランス〉maniérisme)

ルネサンスからバロックへの移行期に興った、絵画を中心とする芸術様式。社会的な混乱による精神的危機を反映し、錯綜(さくそう)した空間構成、非現実的な色彩法、幻想的寓意(ぐうい)性など、極度の技巧性・作為性を特色とする。ポントルモティントレットエル=グレコなどが代表的画家。マニエリズモ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マニエリスム

イタリア語ではマニエリズモmanierismo。手法,様式を意味する〈マニエラmaniera〉に由来する。〈マニエリスム〉と呼ぶのはフランス語による。ルネサンスからバロックへの過渡期にあたる1520年ころから16世紀末にかけて,ローマ,フィレンツェを中心に西欧全体に及んだ芸術様式。
→関連項目アルチンボルドアンドレア・デル・サルトカログレコシスティナ礼拝堂ジュリオ・ロマーノトロンプ・ルイユペルッツィリッピ[父子]ルドルフ[2世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マニエリスム【Maniérisme[フランス]】

イタリア語でマニエリズモManierismo。イタリア語の〈マニエラmaniera〉(〈手法,様式〉の意)に由来する語で,16世紀ヨーロッパ芸術の支配的様式をさす。
【マニエラとマニエリスム】
 〈マニエラ〉は,14世紀以来イタリアの芸術理論書(チェンニーニ,ギベルティ)の中で,芸術家の個々の様式,あるいは一民族,一文化に特有の様式を示す言葉として,いかなる価値づけもなく使用されていた。マニエラに独自の価値を与えたのはG.バザーリ(《芸術家列伝》1550)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マニエリスム【maniérisme】

極度に技巧的・作為的な傾向をもち、時に不自然なまでの誇張や非現実性に至る美術様式。ルネサンスからバロックへの移行期に生まれ、ポントルモ・ブロンツィーノ・グレコなどにみられる。マニリズモ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マニエリスム
まにえりすむ
manirismeフランス語
manierismoイタリア語
mannerism英語
Manierismusドイツ語

イタリア語でマニエリズモ、英語でマナリズム。手法・様式を意味するイタリア語のマニエラmanieraを語源とする。一般には、既成の手法や形式を慣習的に踏襲して、独創性のないままに繰り返し器用に処理しようとする消極的態度をさすことばで、いわゆるマンネリズムの用語が流布している。しかし近年、ヨーロッパの盛期ルネサンスからバロックに至る間の芸術現象に対する特定の様式概念として注目され、その重要性が強調される。
 芸術様式としてのマニエリスムの年代は、地域や芸術分野により差違があるが、ほぼ1520年ごろから1600年前後に及ぶ。20世紀の初めまで、この時代の芸術はルネサンスの古典的芸術を技巧的に模倣しただけの沈滞期の様式を示すにすぎないとみられていたが、その後の研究で盛期ルネサンスと異なる独立した芸術として再評価を受けるに至った。16世紀のヨーロッパは、宗教や科学、政治や経済など、社会や思想のあらゆる面から大きな動揺と不安の時代を迎え、精神的危機に直面していた。とくに前世紀以来、文芸復興の主導的役割を果たしたイタリアでは、それらを典型的に美術発展に反映している。調和・均衡・安定を重んじる規範的理想美に対する反発から、自然の模倣を無視して主知的ともいえる主観主義の傾向を強めていく。ラファエッロの晩年やミケランジェロの後期作品の影響も受けて、その様式は、洗練された技巧に加え、錯綜(さくそう)した空間構成、ゆがんだ遠近法、強い調子の明暗法を駆使して、幻想的な寓意(ぐうい)的表現、異常なまでにゆがめられたプロポーションや激越な運動感の描出、幻惑するような非現実的色彩法などをその特色とする。絵画を中心とするその発展は、普通、次の三段階に分けられる。
 第一期(1520ころ~40ころ)はポントルモ、ロッソ・フィオレンティーノ、パルミジアニーノ、ベッカフーミBeccafumi(1485/86―1551)らの活躍。第二期(1540ころ~70ころ)はブロンツィーノ、バザーリ、彫刻のベンベヌート・チェッリーニ、建築ではビニョーラ、パッラディオら。このころイタリアのルネサンス美術がヨーロッパ全域の宮廷芸術に浸透したのに続いて、マニエリスムも国際様式として伝播(でんぱ)していった。フランスのフォンテンブロー派の成立はこの期に含まれる。第三期(1570ころ~1610ころ)には絵画のティントレット、彫刻のジャンボローニャGiambologna(1529―1608)など。またスペインの画家エル・グレコもあげられる。このほかネーデルラント出身者をはじめ、プラハ、ウィーン、ミュンヘンなどの各宮廷の庇護(ひご)のもとにマニエリスムは多くの芸術家の活躍を促した。当初の反古典的唯美主義から宮廷的アカデミズムを経て、しだいに硬直化した折衷主義へと移行したこの美術様式は、やがてふたたび現実的自然の肯定と人間生命の高揚に根ざした反マニエリスムの台頭によって、バロックへその道を譲ることになった。[上平 貢]
『A・ハウザー著、若桑みどり訳『マニエリスム』全三巻(1970・岩崎美術社) ▽W・フリートレンダー著、斎藤稔訳『マニエリスムとバロックの成立』(1973・岩崎美術社) ▽若桑みどり著『マニエリスム芸術論』(1980・岩崎美術社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマニエリスムの言及

【アレゴリー】より

…例えば,太陽の息子ファエトンの墜落の神話は反逆天使ルシフェルのアレゴリーと解釈するたぐいである。(2)ルネサンス,マニエリスム 盛期ルネサンスからマニエリスムにかけて,アレゴリー表現は開花期を迎える。とくにフィレンツェのフィチーノピコ・デラ・ミランドラらの新プラトン主義者たちの果たした役割は大きく,〈聖書と神話との間に,かつて夢想もしなかった和解の可能性〉(セズネック)が提示された。…

【イタリア美術】より

…このように,経済的・政治的衰退期である16世紀から18世紀にかけて,イタリアはなおも三つのエポックに文化的指導力を発揮した。第1は,16世紀の,ルネサンス文化の最高の洗練である〈マニエリスム〉の成立とその伝播によってである。フランス,スペインをはじめとするヨーロッパ諸国はこの宮廷的文化を通して初めてルネサンス文化の波に浴したということができる。…

【エロティシズム】より

…中世になると,キリスト教によって本能の昇華が阻害され,裸体の表現がきびしく禁じられるから,ある点でエロティシズムはますます妄執的になり,悪魔崇拝や魔女迫害の強迫観念を生んだ。ルネサンスは人間の裸体を復興したが,エロティシズムという見地から絵画や彫刻作品を眺めるとき,その強烈さで頂点に立つのはマニエリスムであろう。風刺作家アレティーノと組んで,16枚の性交態位図を描いた画家ジュリオ・ロマーノも,16世紀マニエリストのひとりであった。…

【カラバッジョ】より

…90年ころローマに行き,リアリスティックな静物画,風俗画で名声を得た。99年から1602年にかけて宗教画の最初の大作《マタイ伝》連作を描き,革新的な主題解釈,強烈な明暗効果,迫真のリアリズムによって,後期マニエリスムに衝撃を与えた。さらに《パウロの改宗》(1600‐01),《キリストの埋葬》(1602‐04),《聖母の死》(1605)などを手がけ,初期バロックのリアリズム様式を確立した。…

【バロック美術】より

…フォシヨンもまた,あらゆる文化において古拙,均衡,過剰の3段階があり,バロックはその最終段階にあたると考えた(《形の生命》1934)。第3の見解は,バロックをマニエリスムの終結から,新古典主義の開始にいたるまでの歴史的な時代,およびこの時代の文化,芸術についてのみ,適用するというものであり,これは,マニエリスムの再発見と再評価をまって,16~17世紀の歴史的事実とそれについての判断がしだいに明確になった20世紀後半において,ようやく優勢を占めてきたものである。以上のように,バロックは今日,様式概念,普通概念および時代概念の3通りの用い方をされている。…

※「マニエリスム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マニエリスムの関連キーワードホッケ(Gustav René Hocke)ゲルハルト(Hubert Gerhard)サンビセンテデフォーラ教会リネア・セルペンティナタ聖セバスティアヌスの殉教ファン・ヘームスケルクオルガス伯の埋葬G.R. ホッケチンクェチェントチンクエチェントサンロッケ教会アンリ2世様式ドボルジャークフラスカーティブロンツィーノサンロケ教会チェンニーニクルティウスギベルティアッローリ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マニエリスムの関連情報