コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イデオローグ idéologue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イデオローグ
idéologue

ナポレオンが 18世紀末の急進的フランス唯物論者たちを,観念をもてあそび民衆に迎合する者といった意味を込めて呼んだ蔑称。のちにこの言葉は,マルクスや,F.エンゲルスにより,特に『ドイツ・イデオロギー』においてヘーゲル左派に向けられ,意識の幻影と闘う観念論者をさすものとなった。現在では,広く一般化して特定の党派,階級的立場を代弁し,擁護する者を意味するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イデオローグ(〈フランス〉idéologue)

ナポレオンが、自分に批判的なデスチュット=ド=トラシらのフランスの観念学派を軽蔑して呼んだ語》
あるイデオロギーの創始者・代表者。また、歴史的、階級的立場を代表する理論的指導者・唱導者。
抽象的な議論にふける空論家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

イデオローグ【idéologue】

観念学者。デステュット=ド=トラシーやカバニスが代表。フランス革命やフランス学士院設立に尽力。
イデオロギーの担い手。特定の、政治的・社会的な観念の提唱者・理論家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イデオローグ
いでおろーぐ
idologueフランス語

ある社会において特定の階級や党派の立場を思想的に代弁する人間をさす。イデオロギーということばを初めて学問的に用いたのは、18世紀末期のフランスの唯物論哲学者デスチュット・ド・トラシであった。彼を含む当時の急進的唯物論者たちは、政治的にはナポレオンの反対者であった。ナポレオンは、彼らが民衆の社会意識の合理的啓蒙(けいもう)を企図したことを怒り、「空虚な観念をもてあそぶもの」という軽蔑(けいべつ)の意味を込めて「イデオローグ」ということばをトラシらに投げつけた。その後、マルクスとエンゲルスが『ドイツ・イデオロギー』のなかで青年ヘーゲル派の俗流哲学者たちをイデオローグとよんで批判したときには、資本主義社会の矛盾の顕在化を背景として、同じことばがまったく逆の立場から投げ返された。こうして、今日では一般に、ある階級や党派の立場を思想的に代弁する人々を意味するようになっている。[田中義久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイデオローグの言及

【イデオロギー】より


[学説史]
 もともとこの概念は18世紀末から19世紀初頭にかけてベーコン,ロック,なかでもとくにコンディヤックの感覚論の影響の下に,観念や知識の起源と発達を実証的に研究しようとするカバニスデステュット・ド・トラシーなどの〈観念学者たち(イデオロジスト)〉がその学問(観念学idéologie)に付与した名称であった。彼らはこの〈イデオロジー〉をもって正しい人知の開発と社会の変革のための指導要綱としたのであるが,のち政敵となったナポレオンから〈イデオローグ〉,つまり大言壮語する空論家,と蔑称されるにいたって,イデオロギーは多かれ少なかれ現実と遊離し,政治的実践にとって無用の空疎な観念体系,という意味合いを一方でもつようになった。ヘーゲル主義哲学を〈ドイツ・イデオロギー〉と呼び,その幻想性,非現実性を批判したマルクス,エンゲルスのイデオロギー論にもこうした観点は継承されている。…

【イデオロジスト】より

…イデオロジストは,その研究者のことで,彼のほか,カバニス,ボルネ,ガラ,ドヌーらがこの学派に属する。なお,イデオローグidéologuesは,ナポレオンが彼らを軽蔑して呼んだ名で,〈空論家〉というほどの意味が込められていた。【中川 久定】。…

※「イデオローグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イデオローグの関連キーワードミュラー(ドイツの哲学者 Adam Heinrich von Müller)ペブスナー(Nikolaus Bernhard Leon Pevsner)ジェファソン(Thomas Jefferson)マン(Thomas Mann、小説家)クリーク(Ernst Krieck)ジョージ・シルベスター カウンツメラー・ファン・デン・ブルックベル(Daniel Bell)アキム ヴォルインスキーデステュットドトラシー現実科学としての社会学バブラム バタライグギ・ワ・ジオンゴシエンティフィコスアブール・ファズルG. ボッターイインテリゲンチャニコライ[2世]ダニエル ベルイデオロジスト

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イデオローグの関連情報