コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペリグー ペリグー Périgueux

4件 の用語解説(ペリグーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペリグー
ペリグー
Périgueux

フランス南西部,ドルドーニュ県の県都。マシフサントラル (中央山地) の西縁,イール川沿岸に位置する。フォアグラ (ガチョウのレバペースト) ,トリュフワインの産地として世界的に有名な美しい町。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペリグー(Périgueux)

フランス南西部、ドルドーニュ県の都市。同県の県都で、ドルドーニュ川の支流イル川沿いにある。フォアグラトリュフの産地として知られる。古代ローマ時代よりペリゴール地方の中心地で、後に司教座が置かれた。3世紀の城壁や円形闘技場、12世紀に建てられたロマノビザンチン様式のサンフロン大聖堂をはじめ、歴史的建造物が数多く残っている。1998年、「フランスサンティアゴ‐デ‐コンポステラの巡礼路」の一部として、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ペリグー【Périgueux】

フランス南西部,ドルドーニュ県の県都。イル川に臨む。人口3万3000(1990)。ガロ・ロマン時代の都市ベゾーヌVésone(ウェスナVesuna)に起源をもち,5世紀以来ペリゴール地方の主都として繁栄した。中世には,その跡に要塞シャトー・バリエールと司教座教会(旧大聖堂)が建てられ,一方,やや離れて巡礼地ピュイ・サン・フロンPuy‐Saint‐Frontを中心に町人の町が発達,両者は1251年単一の都市共同体に合体した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペリグー
ぺりぐー
Prigueux

フランス南西部、ドルドーニュ県の県都。ドルドーニュ川支流イル川河畔に位置する。人口3万0193(1999)。ペリゴールPrigord地方の中心都市で、司教座の所在地、商業中心地。野菜、家畜の取引が行われる。フォアグラのペーストやトリュフ(ペリゴール・ド・トリュフ)などの食料品、たばこ、皮革、化学などの工業がある。市の中心部は2地区からなり、西部のシテはローマ時代のベソナVesonaで、ガリア系のペトロコリイ人の首都であった。東部のピュイ・サン・フロンは5~9世紀に修道院の近くにできた町で、ペリグーは両者が合併してできた。3世紀ローマの円形闘技場、12世紀ロマノ・ビザンティン様式のサン・フロン大聖堂(1852~1901修復)、12世紀のサンテティエンヌ教会、16世紀のサン・ジュアン礼拝堂など歴史的建造物が多い。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペリグーの関連キーワードペリゴールアルカションカステルノー城カンコンス広場サルララカネダベナック城モンティニャックレゼジードタヤックドルドーニュ[川]ルフィニャック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペリグーの関連情報