コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンテコスト島 ペンテコストとう Pentecost Island

3件 の用語解説(ペンテコスト島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペンテコスト島
ペンテコストとう
Pentecost Island

太平洋南西部,バヌアツを構成する島の一つ。足を綱で結び高いやぐらの上から地上すれすれへ飛降りるバンジージャンプ (地上ダイビング) で知られる。コプラコーヒーを産する。面積 439km2

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペンテコスト‐とう〔‐タウ〕【ペンテコスト島】

Pentecost》南太平洋、ニューヘブリディーズ諸島の島。バヌアツの首都ポートビラがあるエファテ島の北約230キロメートルに位置する。南北に細長い火山島で、最高点は標高934メートル。足に蔓(つる)を結び木の櫓(やぐら)から飛び降りる伝統儀式で知られ、バンジージャンプの原型とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペンテコスト島
ぺんてこすととう
Pentecost

太平洋南西部、メラネシアのニュー・ヘブリデス諸島(バヌアツ)中の一火山島。フランス語パントコートPentecte島、現地名アラグAragh島。南北61キロメートル、東西12キロメートル、最高点は標高934メートル。面積438平方キロメートル、人口1万3384(1998)。織物、彫刻の民芸品と、木の櫓(やぐら)から飛び降りる成人式の儀礼で知られる。[大島襄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペンテコスト島の関連キーワードガダルカナル島ケルマデック諸島チャタム諸島バヌアツ南太平洋ニューヘブリディーズ諸島チャタム島エスピリトゥ・サント[島]バヌア・レブ[島]ペンテコスト[島]

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペンテコスト島の関連情報